Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは引っ越をしました。
このページは2016年7月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2008年04月13日

ソウルで買う航空券

 
GWがやってくる。

我が家は2年前までGWはほぼ毎年韓国で過ごした。
子どもたちはカレンダー通りの休みしかないので、3〜5日程度の期間で行く海外としては、2時間のフライトで行けてそれほど国が大きくない韓国は悪くない選択だったのだ。

さて、GWの初日、5月3日に東京からソウルまで飛ぶと航空券はいくらになるのだろう?2008年5月3日東京発ソウル行き航空券の値段ここで調べたみた。

この場合は往復だが、5月3日発/5月5日着のソウル往復で、一番安いノースウェスト航空が53000円からだった。

SEL_TYO_RAKUTEN.jpg

正直この数字は予定外だ。


今回のブログの趣旨としては「GWの日本発航空券はこんなに高いんですよ」的スタートをするつもりで書いたのだが、想像より安い。出鼻をくじかれてしまったが、気を取り直して続ける。何しろノースウェストは日本夜発韓国朝発で、2泊では中1日しか遊べない。

次に安いのが全日空のエコ割14で68000円から、次が日本航空の悟空14で77000円から、以下8万円台から9万円台と続く。

ほぉら、やっぱりGWの航空券は高いのだ。 (汗)


これらはもちろんエコノミークラスの値段だ。
では、ビジネスクラスの普通航空券だといくらなのだろう。同じく5月3日発・5月5日着の日本航空で調べてみる。

JAL_TYO_SEL2.jpg

ビジネスクラスで往復145000円。
これは普通運賃なので、当日都合が悪くなれば別の日に予約を変更することができるし、この航空券で他の航空会社のビジネスクラスに乗ることもできる。基本的に指定日以外乗れないエコノミークラスの割引き航空券に9万も払うなら、ちょっと奮発してビジネスクラスにしてしまうのも手だ。普通運賃なら航空券は最初に飛んだ日から1年間有効なので韓国に住んでしまうこともできる。

ところで我が家は申し訳ないことに、かなりのGWをビジネスクラスで飛んでいた。しかし145000円は支払っていない。

itn.netというサイトがある。
英語になってしまうが。ここでは世界中のかなりのフライトとその運賃を検索できる。次はちょっと目先を変えて 5月3日ソウル発・5月5日日本発ソウル着と、出発地と到着地を逆にして検索してみる。

itn_net.jpg

sel_tyo_itn.jpg

同じ日本航空のビジネスクラスで、ソウルから東京に往復した場合、1006ドルとある。通過換算は、Googleで「1006ドルを日本円に」として検索すれば、その時のおおよその実勢レートが分かる。

1006google.jpg

 

101554円。

同じ日に同じ路線を同じ航空会社の同じビジネスクラスで飛ぶのに、東京から出発すると145000円なのに、ソウルから出発すると101554円になる。約4万3000円の差だ。不公平にも感じる。しかしこれが国際線運賃のルールだ。

この韓国発の運賃は、別に韓国に住んでいなくても買える。
普通に仁川空港なり金浦空港なりの航空会社のカウンターで、どの国の人間でも、もちろん日本人でも買える。なのであまり不公平だ不公平だと言ってはいけない。むしろ、不公平だと言うくらいなら、自分で買ってしまえばよい。

前に書いたが、GWは日本航空のエコノミークラス最安割引き運賃でも77000円、少し予約は入りやすい航空券(予約クラス)にすると82000円だ。しかも指定の日・指定の便にしか乗れない。


しかしソウルの空港で東京往復を買えば、10万円ちょっとで1年間どの基本的に航空会社のビジネスクラスにも自由に乗れる。先に書いた通りこの航空券は最初のフライトから1年間有効なので、5月5日にソウル-東京(でもどこでも日本の都市)へ飛べば、翌年の5月3日あたりに東京-ソウルと戻ることができる。これを繰り返せば、毎年GWにビジネスクラスで割安に韓国旅行ができる。


あなたが高い料金でエコノミークラスに乗っている時、似たような値段で前方のビジネスクラスに乗っている人がいる、ということなのだ。

JL_Y.jpg

JL_c.jpg


こういう航空券の買い方は一般に「海外発券」と呼ばれる。

我が家は今大学生の長女が産まれる前から、この海外発券で航空券代を大幅に節約してきた。そして、この際だから書いてしまうが、昔は今とは比べものにならないほど、海外で買う航空券は安かった。笑ってしまうくらい安かった。大笑いであった。

インターネットの普及と共に、一部のマニアしか知らなかったこの種の航空券が有名になり、利用者が増えると共に安い航空券はどんどんなくなっていった。しかし今でも、まぁないわけではない。

今回は毎年GWに韓国に行きたいならと一例を書いたが、実はソウルで買う航空券は、実際にはもっとお得だ。似たような値段でピーク時の旅行もう一回分の往復フライトがおまけについてきたりもする。


(このお話は次回に続きます。)

にほんブログ村 旅行ブログへ


posted by 転々 at 22:17 | 韓国

2008年04月19日

ソウルで買う航空券2

ソウルで買う航空券の基本的な魅力は前回書いた。

韓国でノーマルチケット(ビジネスクラス)を買えば、1年間有効で原則的に好きな日・好きな航空会社に乗ることができ、その値段は日本で買うGWなどピーク時のエコノミーに比べそれほど高くない、ということだ。しかし韓国で買う航空券にはまだメリットがある。

inchon_view.jpg


国際線のノーマル航空券ではSTOP OVERと呼ばれる寄り道ができる。
もちろん極端な遠回りは出来ないが、MPMと呼ばれる規定距離の範囲内なら追加料金は国内の消費税分を除き不要だ。また、多少遠回りになってもMPMの25%以内なら、少々追加料金を払えば遠回りできる。
つまりソウルから東京までまっすぐ帰ってくる必要はないのだ。

例えば、ソウル-東京と飛んでも、ソウル-福岡-大阪-名古屋-東京と飛んでも、これは同じ値段だ。
もちろんどの空港にもストップオーバー出来るわけではない。
ちゃんとソウルとの間に国際線運賃が設定されている空港である必要がある。(ただこれは結構融通が利かないでもない)


sel.gif 

hakataramen.gif

osaka_glico.gif

福岡や大阪、名古屋に住んでいる人なら、韓国から帰ってきて1年以内に東京往復をする、という方法もある。



じゃぁということでソウルから札幌までの航空券を買った場合はどうだろう。

結論から言うと、ソウルから札幌まで直行すると意外と短い距離なのでMPMが少なく、寄り道の余裕はない。しかし、直行便数が少ないため、東京や大阪経由が認められている。従ってソウル発札幌行きの往復チケットを買えば、大阪や東京の人はソウルから帰って1年以内の好きな時に北海道旅行が出来るわけだ。

ちなみにソウル発東京往復はエコノミーで669,900ウォン(6.96万円)・ビジネスで985 200韓国ウォン = 10.2495135 万円。

ソウル発札幌往復は、エコノミーで767 500韓国ウォン = 7.98467483 万円、ビジネスで1 126 700韓国ウォン = 11.7216067 万円。

エコノミーだと差額僅か1万円程度で、北海道旅行がおまけについてくることになる。しかも国際線扱いなので330日前から予約ができるし、GWだろうがお盆だろうが年始年末だろうが乗ることができる。(ただしソウル-東京間で寄り道はできなくなるが)

これは別に札幌に限らない。MPMやルールが許せば、日本国内のソウル行き(あるいは韓国の別都市行き)運賃のあるどの街へでも応用が利く。

GWなど航空券が高い時期に安く乗れるだけでもソウルで買う航空券はお得なのだが、こんなおまけもついてくるのだ。特に予定がなくても、東京往復を買って帰るより、札幌往復を買って帰ってくる方がお得というものだ。


こんなにお得なソウルで買う航空券だが、実はまだまだお得な方法がある。まだまだ続くのだ!!




にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ランキングに入りたくてがんばって書いてます。よろしかったらぜひクリックお願いします。



posted by 転々 at 21:48 | 韓国

2008年04月26日

ソウルで買う航空券 3

 
おおりりチェーンの2000円素泊まり宿ニュースで中断してしまったが、気分を切り替えてソウルで買う航空券の続きである。

まずは前回までの話をまとめてみると、

1.最強のノーマル航空券は、同じ区間でも日本よりソウルで買うと安い。

2.GWの日本発格安航空券と、ソウル発のビジネスクラスの金額の違いは大きくない。

3.国際線ノーマルチケット(空港や航空会社で買う普通航空券)では、東京-ソウルと直行しなくても、福岡、大分、大阪などなど、ソウルとの運賃が設定されている各都市に寄り道(STOPOVER)ができる。しかも1回に限らず何回でも可能。

4.しかも1年間有効なので、札幌まで買って東京で11ヶ月間STOP OVER状態でも構わない。つまり1枚のチケットで年に2往復どこかに旅行できる。


とここまではノーマルチケットの話だ。
私も日本国内で航空券を買う時は、まずノーマルなんぞ買わない。大抵の場合、いわゆる「格安航空券」を買う.上を読んで「韓国で買うノーマルチケットがお得なのは分かったけれど、韓国に格安航空券というものはないのか?」という人もいるに違いない。

もちろんある。しかもこれがまたおいしい。

韓国・ソウルには日本語が通じ、そういうチケットを扱い続けている世一旅行社という会社がある。

seichi_ryokousha.gif

この会社は韓国発日本方面行きの航空券に精通した日本人職員がいる上、韓国発航空券のルール変更を日本語のサイトで常時報告してくれる。日本からの注文にも慣れていて、クレジットカードの番号を伝えておけば、ソウルに行ってから帰りの航空券を受け取ることも可能だ。

例えば、全日空に限定すれば、仁川/成田/千歳の往復は 580 000韓国ウォン = 6.07659397 万円 となる。大阪経由、名古屋経由も同じ値段だ。国際線の予約クラスはHクラスとやや低くなるが、早めに予約すればGWに搭乗は可能だ。しかも国内線部分はノーマル扱いのYクラス、かつ国際線扱いだと330日前に予約することが可能なので、盆暮れなどどんなピーク時でも間違いなく乗ることができる。

沖縄行きも捨てがたい。
こちらではノーマルチケットでは厳しい ソウル/東京/(名古屋・大阪もあり)沖縄那覇などというルートもあり、札幌同様の条件で買える。こちらは東京経由で880 000韓国ウォン = 9.21965981 万円、大阪経由では640 000韓国ウォン = 6.70520714 万円だ。7万弱で、GW・お盆・年始年末などのピーク時に、沖縄とソウル、年2回旅行ができる。韓国発の格安航空券は、1年間有効のものが多いのだ。内緒で書くと、ノーマルチケットでは掟破りの2年間有効にする方法もある。(これはまた後日)

seiti_tariff.gif

更に書くと、何も航空券の最終目的地を日本国内にする必要はない。その年の気分で、アジア各都市やアメリカ本土にすることもできる。価格は条件によって変わるが、安上がりなことは少なくない。


さて、こういう話をすると必ず問題になるのが「じゃぁ最初にソウルまでどう行ったらいいの?」という事だ。そこはお隣の国、結構手はある。

日韓共同切符で日本国内を見ながら行くのもよし、なんとか大阪・下関・博多などに安上がりにいってフェリーを利用するのも良し、最初だけちょっと高くついても良いならいわゆる「呼び寄せ切符」を世一旅行社に頼んで送ってもらっても良し、だ。

しかし一番安上がりなのは、激安ツアーや往復航空券でソウルまで行き、帰りの飛行機を破棄する方法だろう。正直これは国内の旅行代理店がとても嫌がるのだが、なんだかんだで一番安上がりだ。例えばここには2泊3日で19800円のソウルツアーがある。日韓共同切符やフェリーを使って国内での宿泊・飲食にお金をかけるくらいなら、素直にこの辺を使った方が良い。

この「帰路放棄」をやると国内の旅行代理店に航空会社からのリベートが入らないことがあるため、予約の際には絶対に「帰りの航空券は放棄します」などと言ってはいけない。「偶然ソウルで知人に会ってしまい、もう少し韓国に居たくなったので帰りの飛行機要りません」と、帰国予定当日の朝、現地係員にいきなり、しかも丁寧で申し訳なさそうな口調で伝えるのが最低の礼儀というものだ。無断でホテルから逃亡するようなことだけは、これは人としてやってはならない気がする。

ちゃんと事情を説明して、現地係員と同じツアー客に迷惑がかからないようにしよう。

別にツアーではなくて良い、多少旅慣れた人なら航空券だけを買っても良い。これなら一人でも安上がりで参加できるし、多くの場合ツアーより安上がりだ。例えば5月なら12800円からソウルへの往復航空券がある。ここにソウル行き航空券最安値カレンダーというものもある。その月の一番安い値段を調べるには便利だ。


にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ 旅行情報満載のブログランキングへ、このブログも参加しています。


posted by 転々 at 13:02 | 韓国

2009年04月06日

ソウル最高の宿 ソウルタワービレッジ Seoul Tower Ville


以前ソウルへの激安チケットを紹介した時、航空券だけじゃ不安だという人のために強力におすすめした宿だ。

他のサイトへのリンクだけではちょっと不親切だったかもしれないと反省し、どういうところが良いのかを少し丁寧に書いてみる。


私がソウル最高の宿としておすすめしたのは、ソウルタワービレッジだ。
seoultowerville.gif


値段はシングル46000ウォン(約3443円)、ツイン56000ウォン(4285円)からと、経済的だ。

このあたりで検索すれば、似たような値段のホテルもあるにはあるが、大体日本円で3000円台のホテルは怪しげな使われ方もしているので、外から見えない=中からも採光が良くない傾向がある。

ここで宿を予約するなら、一般的には予約できない日本円1000円クラスのバックパッカー宿か安いオンドル式旅館、そして直接予約するより代理店を通したほうが安い、本当の特級ホテルが良い。)


同じ価格帯のホテルに比べ、ソウルタワービレッジは極めて清潔で明るい。ついでに書いてしまえば、同じクラスのホテルより部屋も広い。

seoultowervilleroom.gif


しかし、このソウルタワービレッジの良さは、同じ価格帯のホテルより広くて清潔なだけではないのだ。過去20泊以上この宿に泊まった私だから書ける、ソウルタワービレッジの魅力は……
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 15:51 | 韓国

2009年06月18日

仁川空港から地方都市へ直行しよう


例のソウル往復9800円のチケットで韓国に行ってきた。4日間の気分転換兼社会科見学兼うまいもの旅だ。

このチケットは出発の少し前になるまで利用する航空会社が分からないが、紹介した際に「韓国系ではないか」との推測を書いた。どの日にどの航空会社に振り分けられるのかは、これからも分からないが、私の出発日に限って言えば、予想通り米系の航空会社ではなかったこと、午後成田を出て夕方ソウル・仁川国際空港に着く便だったことだけは報告しておく。

ある程度予想はしていたが、これはもうけ物だった。夕方に仁川国際空港に着けば、その日のうちに韓国の地方都市に、高速バスで安く移動できるからだ。

inchon_bus_9c.gif


韓国はバス網が発達していて安い。
都市間の移動でも、高速バスを利用すると、かなり効率的に割安に移動することができる。

今回は江原道江陵市(カンヌン)に展示されている、北の工作に使われた潜水艦を見に行くことを目的としてみた。ただの潜水艦ではない。実際に1996年に工作活動に失敗し、韓国を激震させた事件をおこした、その潜水艦だ。


大きな地図で見る


江原道には、襄陽(ヤンヤン)国際空港という空港があるが、現在では定期便が全く飛んでいないという、ほとんど機能していない状態だ。海風で欠航率が30%もあった束草(ソクチョ)空港、着陸施設が貧弱だった江陵(カンヌン)空港に替わっての活躍を期待されて開港したのだが、場所の悪さやソウルまでバスで3時間で行けることから黒字を出すことは厳しく、事実上チャーター機専用空港になってしまっている。束草・江陵の空港が軍用になった現在、事実上空路がないないのが、この江原道嶺東地域なのだ。

onnon_airportweb.gif



江陵へはソウルの高速バスターミナル、ソウル東バスターミナルから高速バス・急行バスが走っているが、仁川空港からの直行便もある。3列シートの「優等バス」で片道25000ウォン(約1900円)。国内線空港である金浦空港は通るが、あとは渋滞しやすいソウル市内を通らないので、3時間半程度で江陵に到着する。

icn_kguannueng_bus_tikects.gif


ちなみに空港からKALリムジンに乗って東ソウルバスターミナルまで行くと、片道14000ウォン・所要90分。こんなところで乗り換えるより、空港から直接3時間半で江陵に行ってしまった方が良い。安い空港バスも2007年から9000ウォンに値上げされている。

空港から地方都市へのバスルートとスケジュールは、韓国語ページ以外メンテナンスされていないため、日本語や英語では情報は得にくいが、翻訳サイトなどを使うと、そこそこのことは分かる。

例えば江陵への高速バスは、始発7:30、続いて9:30,11:10,12:30,13:30はサムチョクまで、15;00,16:30,18:00,19:30,21:30の10本が走っている。

icn_kguannueng_bus_web.gif


ソウル市内や近郊(京畿道内)以外にも、2009年6月現在、太田、瑞山・泰安……


-------------
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 00:23 | 韓国

2009年06月19日

韓国・高速バスの旅、仁川空港から江陵へ

 
韓国の都市間移動には、高速バスが便利だ。

韓国語では、高速バスのことを「コッソクボス」と言う。これはなかなかインパクトが深い音だ。1度口に出すと忘れられない重さがある。もちろんコッソクは高速、ボスはバスの意味だ。ちなみにバスターミナルはボストミナル。英語を母国語で発音すると、各国微妙に聞こえ方が違うことが分かる。

韓国は交通費が安く、列車や飛行機も割安だ。しかしその頻度・本数、簡便さでは高速バスが最強だ。都市間移動の基本と言って良い。



仁川国際空港からに向かうバスは、横3列の優等高速バスだった。

korea_bus_view.gif


車内には地上波デジタルを受信できるテレビがあり、小さなフットレスト、レッグレストがある。日本の3列シート高速バスとそんなに変わらない。

korea_bus_inside.gif


座席は予約制となっている。多少の場所移動は可能だが、休憩後に運転手が客と座席を確認するので、あまり変わらない方が良い。このシートで3時間30分、金浦空港を経由して江陵まで走る。仁川空港は始発でもあり、また国際線中心の空港なのでバス停も分かりやすいが、唯一途中停車する金浦空港の第2ターミナル(国内線ターミナル)1階は、多少人混みもありちょっとわかりにくい……

-------------------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 07:56 | 韓国

2009年06月21日

江陵(カンヌン)の、ついでに韓国の安宿

 
韓国で高速バスをベースに旅行するメリットはまだある。

比較的安くて快適な宿は、バスターミナル周辺にいくつかある場合が少なくないのだ。宿探しは温泉マークを探せばよい。看板に温泉マークのある看板は、まず間違いなく宿で、運が悪いと銭湯だ。

韓国でとにかく安く泊まりたかったら、間違いなくチムジルバンが安上がりだ。まぁ日本の健康ランドみたいなもので、サウナにお風呂があり、床で雑魚寝ができる。値段も5000-8000ウォン程度と格安だ。


韓国で個室で安く泊まろうと思ったら、旅人宿(ヨインスク)という安旅館になる。ソウルではあまり見かけなくなったが、地方では駅前やバスターミナル近くに見つかることが多い。値段は10000-20000ウォン程度で、2畳弱の広さだ。ほとんどの場合オンドル部屋で、正直あまりきれいという感じではない。温泉マークに加えハングルで「여인숙」とあれば、そこがヨインスクだ。一夜の仮宿としては便利ではある。基本的に旅館(ヨガン)なのだが、ちょっと狭くて設備がわびしいとヨインスクを名乗ることになる。都市の駅前など、たまにいかがわしいビジネスに使われているケースもあるので、多少は注意したい。


この上のクラスが旅館(ヨガン)여관」になる。
この韓国式旅館はやはりンドル部屋が基本だが、ベッドの部屋も大抵ある。3畳くらいからの個室で、ヨインスクよりは広いが、内容は価格に比例する。伝統的な韓国式住宅の一室だとそれなりに風情があって面白いが、結構ビルの一室とかも多く、当たり外れはある。日本から予約できる宿も1軒だけあった。

pusan_yogan.gif


自分の旅館が「ちょっと良い作りだぞ」と思った場合、オーナーは荘旅館(ジャン・ヨガン)を名乗る。またこのクラスから併せてMOTELを名乗るケースが増える。大体、荘旅館=MOTELと考えて間違いない。観光案内所でも荘旅館について英語で質問すると"MOTEL"という。駐車場のないところもあったが。

日本から予約できる宿も多いが、荘旅館ではなく、モーテルで検索しないと、恐ろしくヒット数が減る。それだけモーテルという言葉は定着しているのだ。

このクラスになると、下手な安ホテルより安くて快適なことが多い。



さて江陵だが、市外バスターミナル周辺にちょっと派手なモーテルが並んで建っている。

kannun_motel.gif


ライトアップの仕方が日本のモーテルと大変に似ているが、実際韓国のモーテルは日本のラブホテル的な使われ方をする。しかし、必ずしも専業ではなく、というよりもとより多目的の客を受け入れていて、ひとり旅も家族連れも特に抵抗なく利用しているのが普通……

---------------------
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 14:42 | 韓国

2009年06月25日

江陵、統一公園(北の潜水艦)へのバス

 
韓国・東海岸の年、江陵の続きだ。


韓国の北東部、江原道には日本人旅行者は多くない。
正確に言うと、春川あたりまでは結構人も来るが、束草、江陵などの海岸都市まで来る人はそう多くない。観光名所が必ずしも豊かではないからだ。

だいたいこのエリアに来る観光客は、北がらみの社会科見学的観光に来る場合が多く、北との国境線に近い巨城統一展望台、そして1996年に起きた江陵浸透事件の際に座礁した北の潜水艦が展示してある、統一安保公園をセットにする傾向がある。

自分としてもこの両方を見たかったのだが、2泊3日と時間も限られているため、今回は江陵の統一公園で潜水艦を見るだけにした。


ネットやガイドブックで得られた情報は、「111,112,113番のバスが市街地から統一公園までいくこと」「所要時間は20-30分程」「市内の新営劇場前バス停からだと、バスの便が多い」だけだった。これはできるだけ早起きをして、早めに移動しておきたい。


宿の人に「新営劇場」までの行き方を尋ねる。
韓国の場合、漢字をあまり多く知らない人も結構いるので、こういう場合はハングルの書き方を事前に準備しておいた方が良い。


日本のGooglemapでは、韓国の地図はほとんど表示されない。
Google Koreaにアクセスしてから、google mapに飛ぶ。


大きな地図で見る

ここが新営劇場신영극장‎になる。

バスターミナルや市役所はここより西に2kmほど離れている。宿からタクシーで5分、2200ウォンだ。バス停は24時間営業のマクドナルド正面にあった。

kannun_sinei_busstop.gif


間違いなく111番から113番まで全てのバスが留まる……

---------------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 19:21 | 韓国

2009年06月26日

江陵・統一安保公園、北の潜水艦を見る1 韓国退役艦艇

 
112番のバスは、市内から海岸線を南下する。

途中ちょっとした岬で釣り客を降ろすなどするが、基本的には生活路線のようだ。買い物客や通院のご老人などが多い。

海岸線には有刺鉄線が張り巡らされている。
冗談ではなく、ここは北の侵攻作戦の上陸地であったのだ。江陵浸透事件は1996年、そんなに古い話ではない。

kannun_kaigansen.gif

統一安保公園近くには、道路脇に小さな要塞もある。

kannun_yousai.gif


江陵市内から約20分、バスは統一公園についた。
以前はバス停もなかっらたしいが、今では立派なものがあり、運転手さんに特におねがいしなくとも、ボタンを押せば普通に降りることができる。

統一公園は韓国語で「トンイルコンウォン」、英語で "Unification Park" となる。江陵の交差点には、この"Unification Park" のサインが結構あったりするが、もっと間違いなく降りたい場合には、「北の潜水艦」=「ブッカン・チャムスハン」が直接的で……


----------------
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 08:45 | 韓国

江陵・統一安保公園、北の潜水艦を見る2、北の潜水艦の内部1

 
なぜ江陵に北の潜水艦が展示してあるのか。

事件は1996年9月に起きた。現在は江陵浸透作戦と呼ばれることが多い。いきなりだが、日本語版wikipediaから引用する。

江陵浸透事件(カンヌンしんとうじけん)は、韓国の江原道江陵市において、韓国内に進入していた工作員を回収しにきた北の特殊潜水艦(サンオ型潜水艦)が座礁し、帰国手段を失った乗組員と工作員計26名が韓国内に逃亡・潜伏した事件。

事件は1996年9月18日に発覚し、韓国は軍・警察を動員しての掃討作戦を開始した。1996年11月7日に掃討作戦は終了。北側の被害は、逮捕1名、射殺13名、集団自決11名、行方不明1名とされる。韓国側の被害としては、軍人13名、民間人6名が死亡している。また、韓国当局は座礁した潜水艦からRPG-7、対戦車手榴弾などの火器類、地図、偵察用カメラなど計327種4012点を押収した。


(http://ja.wikipedia.org/wiki/江陵浸透事件 より引用、一部書き換え)


それがこの潜水艦だ。

kannun_sub_view.gif



証拠隠滅のため、潜水艦は工作員によってリモコンで爆破されたが、かなりが焼け残り韓国の手に渡った。展示されている艦内は、かなりが補修されているが、事件当時の艦内はこんな感じだったらしい。

kannun_pic.gif


艦内は狭いため、ヘルメットを被って中に入る。

kannun_sub1.gif

kannun_sub2.gif



ここが工作員の出入り口だ。どういう思いでこの穴から海中に……


-------------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 23:06 | 韓国

2009年06月28日

江陵・統一安保公園、北の潜水艦を見る2、北の潜水艦の内部2

 
江陵・統一公園に展示してある北の潜水艦には、日本製の装備もある。通信設備や電子機器などは本国では作ることができないのだろう。様々な条件を考えれば自然と言えば自然だが、やはり複雑な心境だ。

kannunsub1.gif


kannunsub2.gif


この潜水艦は、浸透作戦が失敗した時点で、証拠隠滅のため北の将校によってリモコン着火されたのだが、火力が十分ではなく多くが焼け残った。熱で形が歪んだモニタが火の名残を残している。

kannunsub3.gif

kannunsub4.gif


焼けてしまった内部は再塗装され、少し派手だと感じるほどの原色塗料が塗られている。この色の明るさと潜水艦の素性のアンバランスさ……

------------------
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 17:38 | 韓国

2009年07月04日

江陵市外バスターミナルからソウルへ 1

 
統一公園の最寄り駅は正東津(チョンドンジン)だ。地図を見たところ距離にして3km弱といったところだろうか。噂によると統一公園方面を通るバスも少しだけ出ているらしい。

江陵駅からソウルに向かう列車は全てこの正東津に止まる。
なので列車で正東津に向かってそこから統一公園を目指す手もある。この正東津はギネスブックに認定された「世界で一番海に近い駅」ということなのだが、どう考えても鶴見線の浜川崎駅ホームが海の上にあることを考えると怪しい。と思って調べてみたら、北海道の北浜、信越線の青海側、どころか、同じ韓国の黒湖港の方が海に近い駅なのだそうだ。

ギネス認定記録なんてこんなもんだ。申請したもの勝ちである。

更にこの駅は、ドラマ「砂時計(モレシゲ)」の舞台になったということで、大きな砂時計で記念写真を撮ったり、日の出を見たりする韓国人観光客に人気だ。ソウルから比較的近い東海岸なので、まぁ海からの日の出を見るのに便利なのだろう。


しかし私には全く関心がない。

あと江陵と言えば名物の純豆腐を食べさせる店が並ぶ純豆腐村があるが、こちらもわざわざ行く時間がない。

kannnun_tosel_bus_ticket.gif


と言うわけで市外バスターミナルで東ソウル行きチケットを購入。お値段は19600ウォン。(約1500円)


江陵の市外バスターミナルは主に近郊都市に向かう……


----------------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 12:30 | 韓国

2009年07月10日

江陵から東ソウルバスターミナル=地下鉄江辺駅、高速SAと江辺テクノマート

 
ソウルの高速バスターミナル地下鉄高速ターミナル(コソクトミナル)駅に、そして東ソウルバスターミナルは地下鉄江辺(カンビョン)駅にある。

どちらもそれなりに使い勝手が良い場所だが、今回は東ソウルバスターミナルを選んだ。すぐ近くの江辺駅上にある、テクノマートを見るためだ。


テクノマートは、パソコンや携帯電話、そして韓国で妙に発展しているPMP(Personal Meadia Player)など、電子製品を扱う、韓国では最大規模のビルだ。もちろん竜山には同規模以上のビルが連なる竜山電子商場があるが、あそこは物がいろいろなビルに分散しすぎていて、短時間でお目当ての物を探すのはやや難しいし、少し疲れる。その点テクノマートは一つのビルで済むので、結構愛用していたのだ。


江陵を出た高速バスは1時間少しでYEOJUサービスエリアに停車する。

kannun_sel_bus1.gif

往路は眠っていて液晶画面のメッセージを読めなかったが、今回は読めた。英語で15分間の停車とある。時間がはっきりすればサービスエリア内の見物もしやすい。

サービスエリア内には、往路にみたバッティングセンターこそないが、トイレ、コンビニ、フードコートが結構充実している。

kannun_sel_SA_foodvoust1.gif


フードコートのメニューにはなぜか日本語もあり、おかしなショッピングビルのフードコートより分かりやすいし、値段も適当だ。食べてみたい気も……


more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 09:27 | 韓国

2009年07月14日

NANTA vs TOKEBI STORM vs JUMP vs BREAK OUT


今やソウルの定番アトラクションとなったものの一つに、小劇場での非言語劇がある。


その代表は"NANTA"(乱打)だ。
1997年の初演以来予約率110%の状態が続き韓国最多公演動員数を更新し続ける、韓国非言語劇(Non Verbal performance)の元祖だ。韓国国内の人気から99年には海外公演を開始し、2004年にはブロードウェイで専用劇場での公演も継続している。

nanta_pos.gif

nanta3.gif

NANTAの公式サイトには「韓国の伝統リズムである「サムルノリ」をベースにキッチンでまきおこる様々な事件をコミカルにドラマ化した非言語劇。老若男女年齢を問わず誰もが楽しむことができる公演です」とある。

その紹介文に違わず、この芝居は老若男女誰にでも楽しむことができる、傑作だ。初演から10年が経ち、例えば食材のアヒルを撃ち落とす場面がなくなりデリバリーのローストダックを注文するなど、日々演出も変化している。


NANTAは劇場を借り受けるのではなく、専用劇場で複数のキャストが一つの役をローテーションで演ずる形態を取っていて……

---------------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 08:54 | 韓国

2009年07月15日

ソウルでJUMP(ジャンプ)を見る1

 
JUMP専用劇場は、鐘閣にある。ソウルの都心だ。

タブコル公園近くにあるシネコアビルの地下2階にあり、4階は同じYEGAM社がプロデュースするBREAK OUTの常設劇場になっている。地下鉄の最寄り駅は鐘閣だが、同じく1号線の鐘路、2号線の乙支路2街(ウルチロイーガ)からも似たような距離だ。ちなみに釜山の専用劇場は海雲台グランドホテル内だ。

sel_jump_map.gif

seljump1.gif

開演は夜8時だが、当日券の窓口が開くのは夕方の6時からになるので、あまり早く着いても意味はない。チケットの価格は劇場のほとんどを占めるR席が50000ウォン、残りのS席は40000ウォンとなり、現在仁川空港などの観光案内所においてある割引券で10%引きとなる。ここも小さな劇場なのでS席で十分だ。NANTAと違って最前列もS席の設定になっているが、後方中央の方が舞台全体が見渡せて良い。

ちなみに劇場の左隣のカフェでは、チケット+ドリンクのセットが、R席51000ウォン、S席41000ウォンで売っている。1000ウォンで7000ウォン以上のドリンクがついてくるという価格だが、考えようによっては10%割引のクーポンよりお得だったりする。待ち時間をカフェで寛ぎたい人には悪くないかもしれない。

seljumpcafe.gif




チケットを購入してから……

----------------------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 07:21 | 韓国

2009年07月16日

ソウルでJUMP(ジャンプ)を見る2、そしてソウル非言語劇の比較

 
JUMP専用劇場である鐘閣シネコアは繁華街にある。
NANTA専用劇場周辺が、いまひとつ地味なのに対しこの辺りは食事にも散策にも良い。言い方は悪いが、鐘閣や仁寺洞観光や食事のついでによることもしやすい。日曜祝日は午後3時・6時の二回公演だが、土曜日は午後1時・3時・8時、火曜から金曜は4時・8時、月曜が8時と、休演なしで毎日やっているのも、ふらっとのぞくのに便利だ。気が向いたらいつでも見ることができる、と言っても良い。


鐘閣シネコアビルの階段を下ると、壁はJUMPがらみのイラストでいっぱいだ。


jumpsel2.gif


そして劇場に入ると、それぞれの役を演じている役者たちの写真が飾ってあり、当日出演する役者の写真には "TODAY" と書かれたマークがついている。

jumpsel3.gif


JUMP(ジャンプ)は、そのチケットにコミック・マーシャルアーツパフォーマンスとある。

NANTAは韓国独自のサムルノリと料理をテーマにした内容であり、続いたTOKEBI STORMもやはりサムルノリと現代音楽をテーマにしたパフォーマンスであったのに対し、こちらはマーシャルアーツ、つまり武道を……


-------------------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 11:55 | 韓国

2009年07月17日

ソウル・やすらぎゲストハウス - 1泊2食(3食以上も)18000ウォンの個室。詳しい行き方

 
複数で宿泊する場合のソウル最強の宿が明洞のソウルタワービレッジであるという私の考えは、2009年にも変わりはない。ここ数年の間には多少の値上げもあったが、二人以上でおかしな安ホテルに泊まるなら絶対ここがよい。

しかし一人で、となるとちょっと事情が変わる。

私はひとり旅の場合が節約を楽しむバックパッカー精神が復活してしまい、タワービレッジのシングル45000ウォンも少し高く感じてしまうのだ。


そこでひとりで泊まれるソウルの安い宿となると、10数年ほど前まではあまり数も多くなく、その頃定番とされていた大元旅館(テーウォン旅館)大祐旅館あたりに泊まっていた。激安と言うほどではないが、ホテルの新規建築が規制されていたソウルではあまり選択肢はなく、そこそこ安くて快適な韓式旅館として旅行者には定番だったのだ。


しかし10年ほど前頃からだっただろうか、ドミトリー形式の宿が登場し始めた。どこが先に出来たのかは分からないが、最初に知ったのはトラベラーズAだったが、客が増えて儲かったようで今では小綺麗な中級ホテルになっている。日本からの予約はできないが、ドミトリーも健在だ。多分同じような時期にソウルバックパッカーズでもドミトリーができ、ソウルでも安くドミに泊まることができるようになったのだ。

今では他にも、女性専用でソウル駅裏にあるNORIKA HOUSE安国ゲストハウスVOW GUEST HOUSEなどにドミトリーがあり、1泊10000ウォン台後半から20000ウォン弱で宿泊可能だ。


なんとかソウルでも1000円代で宿泊できほっとしていたら、やがてとんでもないゲストハウスが出現した。個室、洗濯、キッチンでの食事無料という非常識な宿だ。その名をやすらぎゲストハウスという。


やすらぎゲストハウスは、地下鉄5号線の シンジョン駅(新亭駅)が最寄り駅だ。漢江の南側だがソウル駅より西側(仁川空港側)で、まず観光客などやってこないエリアにある。

yasuragi_map.gif




宿への行き方だが、

selyasuragi1.gif

写真にある3番出口出て少しまっすぐ歩き、コンビニと雑貨店の中間のような店が見えたら右折……

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 13:18 | 韓国

2009年07月27日

ソウル・やすらぎゲストハウス 内部詳細

 
日食観測のため更新が滞り申し訳ない。
まずは、ソウルの価格破壊宿、やすらぎゲストハウス詳細の続きを書く。

前回も書いたが、この宿は元々「考試院(コシウォン)」という、公務員などの資格試験受験者のための簡単な下宿だったのだが、現在は食事付き個室宿として日本の予約システムを通しても予約が可能だ。

予約に関しては、まぁ飛び込みでも良いのだが、出来れば日本の予約システムを通した方が良いと思う。もちろん個人で予約しても良いが、一般的にホテルは、こういうクチコミ掲示板のある予約システムを通した方が、待遇が良い。一個人より予約システムでの評価の方が宿には重要だからだ。

これについては今まで嫌というほど経験している。例えば台北の2000台湾ドルのホテルは、個人で予約しても予約サイトを利用しても値段があまり変わらなかったが、部屋がまるで違った。広さにして倍以上の違いだった。今日日ホテルの提示する定価(ラックレート)で宿泊する人もあまりいないだろうが、価格的にも予約サイトを利用した方が、ほとんどの場合安い。


話が横道にずれた。

やすらぎゲストハウスの内部だった。エレベータを5階で降りると、そこはゲストハウスの入り口になる。

sel_yasuragi_door2.gif


写真に写っているのは、今管理人をしている鄭(チョン)さんだ。
彼は十分な日本語を話し、宿の周辺にも詳しくいろいろと情報提供や案内をしてくれる。(多分)某日本語掲示板で宿の宣伝をしてしまい、一部で少々批判を受けたことがあるが、この辺は同情の余地がある。実際のチョンさんは、宿では頼れる面倒見の良い青年だ。

玄関前の2畳ほどの空間がフロントだ。
ここには公衆電話や各種観光パンフレット、ヘアドライヤーなどが置いてある。寛ぐという感じのスペースではないが、便利だ。


肝心の部屋だが、窓なしと窓ありがあり1000ウォン程度価格が違う。ベッド、ベッドに覆い被さるようにある机、テレビ、クロゼット、扇風機がある。エアコンもあるが全体冷房になっていて、部屋ごとの稼働はできない。暑かったら鄭さんにエアコンを入れてもらうようにお願いすることになる。

部屋は狭い。

sel_yasuragi_rm1.gif

西成の簡易旅館よりやや狭い。今まで泊まった宿で、ここより狭かったのは香港重慶マンションの台湾酒店だけだ。身長180cmの私は台湾酒店では少し膝を曲げて眠らざるを得なかったが、ここ安らぎゲストハウスではそういういうとはなく、体をゆったり伸ばして眠ることができた。シャワー室が共同ではあるが、私にはやすらぎゲストハウスの方が快適だ。もちろん鍵も……

-------------
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 19:21 | 韓国

2009年07月29日

ソウル・やすらぎゲストハウス、ロケーションと感動的豚焼き肉店「ソヤソヤ」

 
ソウル・やすらぎゲストハウスへの詳しい行き方は、以前書いた通りだが、ここでやすらぎゲストハウスのロケーションについて、補足しておきたい。この宿を知る上でいろいろ参考になると思うのだ。

ここがやすらぎゲストハウス
のある、木洞(モックドン)駅と新亭(シンチョン)駅のエリアになる。撮影は新亭駅の地図だ。縮尺が小さくややわかりにくいが、オレンジ色の円の矢印の先が新亭駅、そこよりやや北側の川の上部が一般的な観光ガイドブックに掲載されている、「ソウル中心部」だ。アップにしてみると少し分かりやすい。

sel_yasuragiroc_map2.gif


オレンジ色で描かれた円の左上が金浦空港で、シンチョンの駅はソウル中心部よりむしろ金浦空港に近い。観光客が地下鉄で通過することはあっても、下車することはあまりないだろう。


ここで注意事項。

・ソウルの地下鉄には他にもシンチョン駅がある。5号線の新亭駅と、2号線の新村駅だ。特に2号線の新村は、韓国の名門大学である延世大学や梨花女子大が近い学生街として有名なので、窓口でチケットを買ったり片言の韓国語や英語で道を尋ねる時には、「5号線のシンチョン」と確認するべきだ。


新亭駅からやすらぎゲストハウス行き方はリンクの通りだが、地下鉄駅内の地図を参考にするとこうなる。


sel_yasuragiroc_map3.gif


また地下鉄5号線の木洞駅と新亭駅ばかりを説明したが、2号線の新亭ネゴリ駅からも歩いて10分かからない。ただしこの2号線は、環状の本線ではなく、新亭支線という2キロ弱の支線であるため、新道林(シンドリン)駅で乗り換えが必要であることには注意したい。


さて宿の周辺なのだが、一般的な観光ポイントは皆無だ。

しかしスーパー、コンビニは2ブロック先と至近距離にあり、徒歩圏内にはかなりおいしいレストランもいくつかある。


その中で特に私が気に入ったのが、この店だ。
牛ではなく豚肉を漬け込んで焼く店で、多分看板は「ソヤソヤ」と読ませるのだろう。宿から徒歩1分……

---------------






more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 16:10 | 韓国

2009年07月30日

ソウル仁川空港の安上がりな過ごし方と安上がりな行き方と安あがりな空港宿

 
ソウルの国際空港は羽田的ポジションの金浦空港と、成田的ポジションの仁川国際空港がある。

金浦空港は市内に近いし地下鉄が直接乗り入れていて何かと便利だが、仁川空港と金浦空港も高速道路とAREX と呼ばれる空港鉄道が走っていて、28分-33分で移動が可能だ。直通列車7900ウォン/一般列車3100ウォンのはずなのだが、未だに両方とも3100ウォンで乗ることができる。まぁ所要時間が5分違うだけ、あとはシートがクロスシートかロングシートか程度の違いだし、専用列車は1時間に1本というテイタラクなので、7900ウォンの料金が適用されるのは、ソウル駅まで開通してからの話だろう。

sel_arex.gif


仁川空港からソウル市内へは空港バスが山ほど出ているが、「時間が読める」という意味では、このAREX+地下鉄が最強だ。なにしろ渋滞がない。ソウル市内の渋滞は以前ほど酷くはないとは言え、運が悪ければ仁川空港から蚕室まで2時間を超えることもある。地下鉄ではそのようなことはない。ついでに言えば値段も一番安い。窓の外が真っ暗で、移動に時間がかかるような気もするが。


やすらぎゲストハウスから金浦空港へは地下鉄で7駅。新亭駅から乗ってしまえば20分程度で到着する。仁川空港までも1時間見ておけば大丈夫だ。


さて、その仁川空港だが、金浦空港が空港兼ショッピングモールと化してしまった今でも、見るからに韓国の玄関口として、国際空港の顔を保っている。

保っているということは、中に入っている店も偉そうで、何かするのにお金がかかる、ということにもなりがちだ。


とりあえずコンビニが各所にあるので、そこで市内の値段(とほとんど変わらない値段)で買い物ができるが、レストランとなるとやや割高だ。マクドナルドやバーガーキングなどのファストフッドもあるが、空港職員御用達の韓国食の店といえば、地下1階中央にある「韓国風物市場」となる。

sel_huubutuitiba1.gif

この店は入り口こそやや立派に見えるが、セルフサービスの韓国式軽食店で値段も安い。自分で食券を買って調理場のカウンターで受け取るスタイルな……


------------------





more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 05:38 | 韓国

2012年07月14日

2012年、夏の韓国と、ソウル郊外ヨンシンネの "ホテル・プライムイン・ソウル (Prime Inn Seoul)"


ブログの更新が滞って、申し訳ない。

Twitterで、「ミャンマーの旅行記更新が滞っているのは、6月に発生した西部の暴動のためでは?」的メンションを頂いたのだが、実はそうではなかった。ここしばらく仕事が悪夢のように忙しく、帰宅しても睡眠時間を確保するので手一杯、という状況が続いたためだ。わざわざメンションを飛ばして下さったフォロワーさんには、大変申し訳ない。

ミャンマーはそれなりにきな臭い国だ。私が旅行をしていた時期にも、南部マレー半島エリアで14人が殺されたという「噂」を聞いた。 6月の事件 (←リンク先の記事には犠牲者の画像があります。ご注意下さい) は、軍事政権と対立勢力という図式ではなく、市民対市民の宗教間抗争であったことと、それが報道されたことはそれなりにインパクトはあったのだが、まぁ、ここでは「いつもどこかで何かが起こっている」くらいに考えた方が良い。それは別にミャンマーに限ったことではないし、世界の中で希なケースだと言うわけでもない。

でも、正直旅行記の続け方を迷っている部分もないではない。見聞きしたことの全てをここに書き散らす、という訳にもいかないのが、大人の事情ってもんだ。どうしたもんかなぁ、である。


というわけで、今回は娘と二人で出かけたソウル旅行の報告で、ブログの生存証明などをしておこうと思う。


どうしてソウルなのかというと、特別な思いがあったという程じゃない。たまたま私と下の娘に3連休があり、ちょっと気分転換にどこかにお出かけしようかと思ったら、安めのソウルツアーがあっただけ…more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 15:06 | TrackBack(0) | 韓国

2013年01月20日

2012釜山/光州1 朝イチのエアアジアで釜山に向かい、そのまま光州行きの高速バスに乗った件

 
 2012年の12月は2回釜山に飛ぶことになった。一つはエアアジアのバーゲンチケットで、もう一つはエアブサンの懸賞であたった無料航空券。タダ券が当たると予想できていればこんな無茶をすることはなかったのだが、せっかく買った、あるいは当たった航空券を無駄にするほど私は裕福ではない。下旬にはロサンゼルスにも行かなければならないのだが、ここは「国際線搭乗強化月間」と、歯を食いしばって出かけることにした。

エアアジアの成田国際線チェックインカウンターは、国内線とは違い出発フロアにある。ユニクロの隣にある小さな入口を入った、Fカウンターだ。出発フロアの中を探しても見つかることはない、エアアジアにふさわしい場所、という気もする。なにしろ「一度ターミナルから外に出る」的入口なので、知らない人はこんな場所にカウンターがあるとは予測できないのだ。そういえばここ、昔香港航空が使っていたっけなぁ。

エアアジアの釜山行JW0885便は出発が8:00。チェックインは出発の2時間前から45分前ということになっているので、余裕をもって6時過ぎにチェックインしたのだが、この時間にはまだセキュリティチェックが開いてなくて、7時まで時間つぶしをさせられることになる。朝の7時前では、ターミナル内でオープンしているのはいくつかの売店とカウンタータイプのコーヒーショップ、6:30にやっとマクドナルドが開く、といった感じだ。やることはないと考えておけば間違いない。

narita airasia counter f 03.gif


しかも開いたばかりのセキュリティチェックは2レーン程しかあいてない上にエアアジアの客が殺到するので、大変に混……
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 16:58 | TrackBack(0) | 韓国

2013年01月21日

2012釜山/光州2 優等高速バスで光州に着き、直ちに518バスで国立518民主墓地に向かった件


「なんでたかがデジカルビなんぞに2万ウォン近くを払わなきゃなんないんだよ!」的不満を地味に抱えつつ、バスターミナルに戻る。釜山には空港にとても近いここ西部バスターミナルと、地下鉄1号線老圃洞(ノポドン)駅に隣接した釜山総合バスターミナルがあるが、ここ西部バスターミナルは2012年春に改装が終わったばかりでなかなかきれいだ。昔はもう少し奥まっていて分かりにくかったらしいのだが、現在では全くそんなことはない。

「光州」と書かれているような気がするハングル下のカウンターで「クァンジュ、クァンジュ」と言ってみたら、「向こうのカウンターでどうぞ」と "Express Bus Tiket Counter" なる場所に案内される。長距離都市間高速バスのチケットはここで買うらしい。優等バスの運賃は21400ウォン(≒約1800円)。これが4列シートの一般バスだと1万ウォンほど安くなるが1日5本しか走っていないため、どうしても節約をしたい人は時刻表をしっかり調べる必要がある。ちなみに優等バスは1日17本だ。

busan bus 03.gif

優等バスご登場。どの辺が優等なのかというと、@ 3列シート、A シートピッチが広くリクライニングが気持ち深め、B フットレストがある、C 地上波デジタル放送の液晶テレビがあり、音声をシートのイヤフォンジャックで聞くことが……

more.png この記事の全文を読む 

タグ:518 民主墓地
posted by 転々 at 19:03 | TrackBack(0) | 韓国

2013年01月23日

2012釜山/光州3 光州・国立518民主墓地

 
光州事件とは、1980年に韓国の光州で起きた全斗煥による民主化を求める市民への発砲を含む大規模な弾圧事件だ。後に衝突が起きた日付から政府の民主和合推進委員会から5.18光州民主化運動と呼ばれるようになった。詳しい経緯はこちらを見ていただくとして、ここでは、国軍が自国民に発砲・弾圧したこと当時の政府発表ですら死者170人/負傷者240人と多くの犠牲者を出したこと、金泳三政権が1995年に五・一八特別法を施行する少し前まで、韓国国内ではあまり声高に語ることができる環境にはなかったことは書いておきたい。

国立518民主墓地は、光州市中心部から北東に約10km離れた山中にある。これは当時の犠牲者の遺体が(軍によってなのか知人によってなのか、あるいは両方なのかが今ひとつ分からないのだが)手押し車やトラックで運ばれてきたためだ。ここは望月洞墓地と呼ばれていたが、1997年に多くの墓が隣接して作られた国立518民主墓地に移された今も、旧518墓地として公開されている。長距離バスが発着するユースクエアから、518番バスは1時間強で国立518民主墓地の入口に着いた。限られた日程の中、市内から離れたこの場所を初日に見学できると、明日以降の日程がかなり楽になる。

518 cemetery 01.gif

まずは墓地を参拝する。中央広場の追慕塔やオブジェの後ろに広がる盛り土が、光州事件犠牲者達の墓だ。韓国では土葬が一般的……

more.png この記事の全文を読む 

タグ:518民主墓地
posted by 転々 at 20:29 | TrackBack(0) | 韓国

2013年01月24日

2012釜山/光州4 光州バスターミナル近くの安宿、アジアジャンモーテル

 
韓国の都市では、安くてそこそこ快適な宿(荘旅館やモーテル)はバスターミナル近辺に固まっていることが少なくない。バスが最も安上がりで速い交通手段である韓国では、高速バスとこれらの宿を組み合わせると、大変効率的に旅行ができる。私は光州でも、バスターミナル近辺に宿泊するつもりでいた。ここならチェックアウト後に荷物を預かってもらうのにも何かと都合が良い。

安宿は、バスターミナル隣の新世界百貨店から横断歩道を渡ったエリアに数件が集まっていた。表通りにある韓国のコンビニGS25が目印になる。

asia chan motel 01.gif
(撮影は翌朝です)

私が泊まったのは路地の右側手前にある茶色いアジアジャン(荘)。宿泊時には知らなかったのだが、ここは地球の歩き方でも紹介されている宿だった。一泊30000ウォン。こういう宿の場合「カッカジュセヨ(まけてよ)」とひとこと言うと瞬時に5000ウォンくらい安くなることが……

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 17:38 | TrackBack(0) | 韓国

2013年01月26日

2012釜山/光州5 市民が収容されていた営倉と法廷を移築した5.18自由公園@

 
 光州市内には、民主化運動に縁のある場所がたくさんある。市内が戦場になったようなものなのだから当然と言えば当然だけれど、「最初に発砲された場所」「負傷者を治療した場所」あるいは「良民が殺害された場所」などにモニュメントが建てられ、見学ポイントとなっている。これらのポイントを描いた「巡礼マップ」の存在はネットで知っていて、光州到着時にユースクエア(バスターミナル)の観光案内所で尋ねたのだがそこにはなく、国立518民主墓地で入手できた。

518 free park 01.gif



事件が起きた場所を訪問することも意義深いとは思うが、初めて光州事件の関連施設を訪問する外国人としては、展示や説明がある方がなにかと分かりやすい。私は国立518民主墓地に次いでの見学地として、518自由公園を選んだ。宿のあるユースクエアから、民主墓地と反対方向に……

more.png この記事の全文を読む 

タグ:518 自由公園
posted by 転々 at 15:12 | TrackBack(0) | 韓国

2013年01月27日

2012釜山/光州6 市民が収容されていた営倉と法廷を移築した5.18自由公園A、営倉編

 
 次に野外で営倉を見学する。ここにある営倉や軍事法廷は、もともと隣接する団地の敷地にあった。518自由公園からもよく見える「406」と書かれた団地の隣にあったものを、100m弱の距離であるここまで移築し、光州事件当時の様子を再現している。

入口を入ってまず目に入るのが、トラックでここに運ばれた市民の人形だ。解説によると、光州事件の際には民主化運動家250名を含む3000人の市民が軍によって拘束、監禁されたらしい。

518 free park 03.gif

 韓国では光州事件の前年である1979年10月に朴正煕が暗殺され、12月には当時陸軍少尉だった全斗煥が粛軍クーデターで実権を把握していた頃だ。更には、朴正煕の暗殺は「ソウルの春」と呼ばれる民主化ムードの中学生運動や労働運動が全国に広まっていったことは、全斗煥の歓迎する状況ではなかったのだろう。光州事件が勃発する3日前の5月15日にはソウルで35万人規模のデモ(5.15ソウル駅デモ)が起き、5月17日には5.17非常戒厳令拡大措置がな……

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 18:45 | TrackBack(0) | 韓国

2013年01月29日

2012釜山/光州7 地下で拷問が行われた505保安部隊跡は、まだ廃墟のままだった件

 
 518自由公園から505保安部隊までは決して歩けない距離ではないのだが、絶対に好意から私を505保安部隊に行かせたがっていなかったボランティアさんが地下鉄改札まで見送ってくれたので、行きがかり上地下鉄に乗る。518自由公園の最寄り駅は金大中コンベンションセンターで、505保安部隊跡の最寄り駅は3駅目の双村(サンチョン)駅だ。

ロケーションはもう昨夜のうちに確認済みだ。双村駅を2番出口から出て、左にビザハットを眺めながら200m程歩き、SK Energy というガソリンスタンドの角を左に折れれば505保安部隊跡はすぐのはずだ。

505 camp 04.gif


 この施設の存在は別に隠されているわけではなく、光州事件に関わる史跡(26号)にも指定されている。自由公園のボランティアさんは「もう火事で焼けてしまってない」「夜に若い人が勇気を見せるような場所」と、矛盾することを言った。日本語がネイティブではないことを差し引いて考えても、これは私を505保安部隊跡に行かせたくなくて言ったとしか思えない。退職後518自由公園で日本語ボランティアをするような方なのだから、当時の記録を隠したいと考えているとは思えない。ここから推測すると、やはり……

more.png この記事の全文を読む 

タグ:505 保安部隊
posted by 転々 at 19:21 | TrackBack(0) | 韓国

2013年03月02日

2012釜山/光州8 光州・505保安部隊跡の中に入ってみた件

 
「目の前に人ひとりが通れる通路(?)がある」
「とりあえず私の読める文字で『立入り禁止』の表示はない」
「塀の内部には人がいる様子がない」
「なにより私自身が内部を見てみたいと思う」


以上の理由により、私は505保安部隊跡に入ってみることにした。なーに、警備詰所も半廃墟と化しているこんな場所、誰も気にする訳ないんだよ。本気で立ち入り禁止にしたいなら、監視の人間を置くなり、せめて英語で立入禁止の旨をかくなりするだろうし。ちゃちゃっと入ってちゃちゃっと出てくれば、平気だって。

505_a_01.gif

だから、中で作業をしている人と会ったときにはかなり驚いた。

中では軍人には見えない中年の男性が一輪車を押して何かを運ぶ作業をしていて、目が合った瞬間には脈拍数が倍に増えたと…

more.png この記事の全文を読む 

タグ:505 保安部隊
posted by 転々 at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国

2013年04月27日

2012釜山/光州9 釜山・エンジェルホテル

505保安部隊跡の内部を見学し、これだけは最低限見たいと思っていた三つの光州事件関係施設は、なんとか回ることができた。このまま釜山に戻っても良いのだが、せっかくなので5.18民主化運動が繰り広げられた、昔ながらの市街地を見ようと、地下鉄で「文化宮殿」駅まで行ってみる。この周辺ではYMCAなど市民と戒厳軍との激しい衝突が起きた。そのためもあってか、地下鉄駅のコンコースにも、518民主化運動関係の展示がある。

angel_hotel_pusan_003.jpg


文化宮殿駅から釜山行きのバスが出る U SQARE までは「歩こうと思えば歩けないことはない」距離だ。歩けば30分以上、1時間以下といったところだろう。ちょっと迷ったのだが、いざとなったらバスに飛び乗れば良いと、歩いてみることにする。お昼でちょっとお腹も空いてきたので、安くて韓国らしい店があったら入ってみようと、店探しも兼ねることにしてモチベーションを上げる。


お?

angel_hotel_pusan_005.jpg

韓国のラーメンといえば「店で食べてもインスタントラーメン」が基本なのだが、中華料理店では一応生麺を食べることができ私は嫌いではない。チャジャミョン(ジャジャ麺)なんかは、韓国を代表するB級グルメだと思うのだ。ここは文化宮殿駅からさほど遠くない裏通りにある「金龍」という……


more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国

プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード