Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは引っ越をしました。
このページは2016年7月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2008年03月28日

全日空プレミアムクラス1年無制限乗り放題「ANAプレミアムパス」発売。300万円。

 
ANAプレミアムパス、金300万円也。

活用方法によってはめちゃくちゃ「とにかく安く旅行」できる、ある意味恐ろしいパスが全日空から発売された。それがこのANAプレミアムパスだ。

puremiumpass.jpg

どんな内容かというと、

・国内線全てのプレミアムクラスに無制限で搭乗できる。
・プレミアムクラス以外にエコノミークラスにも搭乗できる。
・そのくせプレミアムクラスが設定されてない路線には搭乗できない。いじわる。
・会員専用予約デスク「プレミアムデスク」のサービス。
・空席待ちの優先予約サービス。
・国内線予約の優先販売。
・国内線普通席の前方座席予約サービス。
・専用チェックインカウンター。
・専用セキュリティチェック(羽田のみ)
・手荷物のプライオリティサービスと重量制限の緩和(35kg)
・空港ラウンジの利用。


これらのサービスを1年間受けることができ300万円だ。
もちろんパスを複数の人間が使い回すことはできない。

我々一般人にはまず高いのか安いのか良く分からないが、ちょっと頭を冷やして考えれば分かる。ただごとではなく安い。

例えば羽田から沖縄那覇までエコノミークラスで片道39500円、プレミアムクラスだと44500円。本当は割引きを考慮しなければいけないのだが面倒なので往復約90000円と考える。すると、パスの300万円のモトをとるには、33回往復すればよい。もちろん毎日往復してもかまわない。いや、購入者の方には是非毎日往復していただきたい。約90000円x365日でなんだか知らないが3000万円分くらい飛べる。

札幌や沖縄に住んでいる人には、是非毎日の相互訪問をお勧めしたい。東京/那覇の運賃44500円+東京/千歳の運賃37500円 x 2 と、1日1往復4フライトで164000円、1年で59860000円…え、えと、ごせんまんえん分飛ぶことができる。いや、ほとんど6000万円分だ。6000万円分飛ぶことができるのに300万円なのだから、プレミアムパスは間違いなく安い。

あはは、安い安いと喜んでいたら同じ考えの人も多かったようで、第1回販売分と追加販売分の150枚は売り切れてしまった。次回販売は、2008年6月1日から、100枚の限定なので本気で欲しい人は朝イチで申し込んだ方が良いだろう。間違いなく売り切れる。

まぁ毎日那覇へ往復は馬鹿馬鹿しいにしても、毎日おおよそ好きな場所に飛行機で飛ぶことが出来て300万円はそんなに悪い話ではない。増して退職などで時間に余裕もあり、バブル崩壊前にリタイアでき一番おいしい思いをしている現在ご高齢の皆さまには悪くないだろう。しかもこの世代には未だ「飛行機=贅沢」の印象が焼き印の様に刻まれているので、下の世代より割安感は数倍は大きい。と思う。

実際のところ飛行機に繁忙期でもないのに普通運賃だけで乗るまぬけはそう多くなく、前述した普通運賃での換算は半分詐欺なので鵜呑みにしないでいただきたいが、でもやっぱり安いことには間違いがない。

真面目に書くと「日本国内のほとんどの場所に、飛行機で好きなように行くことができる1年間が300万円で買える」と考えるべきなんだろう。

puremiumpass_up.jpg


と、ここまでは「ちょっと良い話」で終わったが、それではブログが廃る。
生臭い話をしよう。



プレミアムパスの威力は「事実上飛行機乗り放題の1年間」だけではない。この乗り放題のフライト、実はマイルが貯まるのだ。脂ぎった計算をしてみよう。

羽田から那覇までのフライトマイルは1084マイル、往復で2168マイルだ。x 365だと 791320マイル。約80万マイルだ。1マイルの価値はおよそ1〜3円と言われているので、この節に従えば80-240円分のマイルが貯まることになる。千歳/那覇なら123万7000マイル、毎日死ぬ気になって日程的に可能なルートで5,6回飛べば200万マイルくらい稼ぐことができるだろう。

あ、忘れてた。プレミアムクラスには50%のボーナスマイルがつくんだった。
上の計算5割り増し。



しかしこうやって溜めたマイルで無料航空券が欲しくなるとは絶対に思えない。
1年後には飛行機も空の旅も苦痛になっていて、もっとも効率の悪い「電子マネー Edy への交換 (10000マイル=10000円)」で使い切ってしまいそうな気もする。もちろん性根が据わっている皆さまは根性で2〜300万マイル貯め込んで、1年が経った後にも国内・海外好き勝手に旅行しまくるのかもしれない。プレミアムパスもマイルを貯めるための仕事となりそうな気がする。

その気になれば2,300万マイルくらいは稼ぎ出すことができる、つまり意外とモトを取ることの簡単なプレミアムパス、あなたもチャレンジしてみては?


私? 私はもちろん普通に働く。
しかし定年を迎えていたら、70%位の確立でマイル稼ぎの仕事にでただろう。スポーツクラブあたりで周囲を観察すると、定年後は恐ろしく暇そうな気もするからだ。いざとなったら、日長飲み放題のドリンクでも飲みつつ空港ラウンジで過ごせば良い。私は性格が悪い老人になりそうなので、きっとその方が家族も喜ぶだろう。


にほんブログ村 旅行ブログへ


posted by 転々 at 21:45 | その他いろいろ

2008年10月29日

円高とお得な外貨両替店

 
円高が進行している。

背景の分析は専門家に任せるとして、海外に行きたい旅行者にはこの円高がどこまで、いつまで続くかが一番気になるところだが、実際のところは誰にも分からない。

過去にも何回か円高局面はあったが、その度に「過去には80円を割ったこともあり可能性はある」などと言われ、そしてさすがにその水準までは届かないことを繰り返してきた。

しかし最近の為替相場はかなり予測が難しい。なんというか過去の経験則が当てはまらない状況が多すぎる気がする。


ユーロ、豪州ドル、韓国ウォンなどはその下げもあり、相対的にかなりの割安感が出ている。こうなると「旅行の予定があるので今のうちに両替しておこう」と考えるのは自然な発想だ。

例えば韓国ウォンだ。
前の大統領時代は様々な圧力によりウォン高を余儀なくされていたのだが、最近では下落が激しい。外貨による投資を行うFX業者の中には、ウォンの絡む取引を中止した会社さえある。ウォン高時には1000円が7000ウォンだったのに、今では1000円は15000ウォンだ。半額以下ではないか。


過去の経験則があまり当てはまらないことが多い現在、素人が投機の目的で外貨に手を出すのは危険な気がするが、この先の旅行のお小遣いを今両替しておくのは、それほど無茶ではない気もする。


ではどこで両替するか。


素直に銀行の外貨窓口に行くのも良い。
が、外貨の扱い規制が緩和された現在、銀行以外でも外貨は買える。しかも、レートは一般的に銀行などより良い。

例えば、上野、新橋、八王子にあるチケットキング

tiketking_ueno.gif


ここではドルややユーロの他、豪州ドル、中国人民元、韓国ウォンなどを扱っているが、対ドルで1円弱レートが良い。

tiketking_rate.gif


また、自宅まで郵送で両替もしてくれるブルートラスト

blutrust.gif


ここもドル、ユーロ、人民元、韓国ウォンを扱っている。
最近のあまりの通貨乱高下を受け、11/29までは両替業務を中止しているが。


一般に銀行以外の両替店は、規模が小さく会社の信用度が低いことからレートを良くする傾向があるが、上の2店はその中でもレートが良い店だ。金券ショップ大手の大●屋なども積極的に外貨両替の宣伝をしているが、上の2店にレート的にやや及ばない。


せっかく為替を気にして両替をするなら、レートの良い店を選びたいものだ。



にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ お役にたてましたら、ぜひぜひクリックをお願いします。





posted by 転々 at 08:03 | その他いろいろ

2009年01月02日

【たった10億】カンボジアのホテルと長崎の無人島、ダイヤモンド原石セット

 
あけましておめでとうございます。
本年も当ブログをよろしくお願いします。



ということで、新年は景気の良い話から。

カンボジアのリゾートホテル、長崎県対馬市の無人島、あとおまけに5億円分のダイヤモンドの原石、買っちゃいません?

10oku1.gif
10oku2.gif

これだけで呆れてはいけない。更に…


more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 22:13 | その他いろいろ

2009年04月01日

うどん定期券、月500円で毎日うどんが食べられる!

 
本日2本目の更新だ。テーマは、旅先での食事、だと思う。


一ヶ月500円で毎日うどんが食べられるうどん定期券なるものが売り出されているのを知った。

udonteiki.gif


実際に使えるのは毎日1回105円分だけなのだが、かけうどんの小ならちょうど105円。つまり毎朝うどんを朝食にできる。

もちろん割引券としても使え、他のうどんやセットメニューもこのうどん定期券をレジで出すだけで105円引きになる。多分うどんの小を20日食べ続けると、他のメニューも食べたくなるのだろう。


これ1枚で全国のはなまるうどんを利用できれば最高で、なんとなく旅行ブログっぽくなるのだが、残念ながらこのうどん定期券、発行した店でしか利用できない。500円なのだからあたりまえか。

店で事情を聞いてみたところ、このうどん定期券は毎年この時期に行われる、一種のキャンペーンのようだ。だからあまりのお得さに定期を更新しようとしても無駄だ。

このうどん定期券、4月1日からはなまるうどんの120軒以上の店で発行される、。詳細はこちらをごらんいただきたい。


私は原則朝食を105円のうどん小で1ヶ月済ませることにチャレンジしてみる。


気の弱い人などは、店員の「また来たか」的視線を想像して恥ずかしい、などどかわいいことを考えるかもしれないが、バックパッカー上がりの私にはそんな心配はない。店で売っているものを利用して何が悪い的に、土日だって食べにいってやる。


このうどん定期券という好企画に対するエールを込めて書くと、はなまるうどんは都内で食べられる立ち食いさぬきうどんとして、なかなかおいしいと思う。本場讃岐には安さなどでかなわないかもしれないが、都心でこの味とこの値段でやっているのは立派だと思う。



にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ お役にたてましたら、ぜひぜひクリックをお願いします。



posted by 転々 at 21:50 | その他いろいろ

2009年04月06日

高速バスのお勧めシートNo1は?

 
続けて海外旅行のことばかり書いていたので、国内ネタを。

高速バスネタだ。

例によって旅行会社のサイトを巡回していたら、面白い物を見つけた。高速バスのシートを写真を数字で比較しているのだ。

しかもご丁寧に3列シート4列シートの2ページに分かれている。


3列シートの一部は、こんな感じだ。

3retu2.gif
3retu4.gif


そして安上がりな4列シートの一部はこんな感じ。

4retu1.gif
4retu2.gif


詳しくはこちらを見ていただくとして、それぞれのシートの快適さと値段について少し調べて見た。いくら快適でも高価では高速バスの意味はないし、僅かな差額を惜しんで快適さを失ってしまってももったいないからだ。


まずは、値段を調査して……
 
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 19:38 | その他いろいろ

2009年04月07日

今更車にETCをつけて助成金をもらって高速乗り放題1000円

 
また話が海外に偏ってきたのであわてて国内ネタだ。

kokudokoutuushou_1000enn.gif

 
ETCによる高速道路1000円乗り放題について、知らない人はいないだろう。GWまでは首都圏や大阪圏を通過すると、その度に首都高速の料金を払って再度1000円支払うシステムだったが、GWには大都市を跨いでも合計の金額が1000円になるようだ。

kousoku1000ensche.gif


高速道路を定期的に使う人でETCを装着していない人は少ないだろうが、国土交通省はまだETC利用者数に不満らしく、これからETCを取り付けようとする人にも、助成金を支給する。

助成金は4輪の自家用車が5250円、2輪車が15750円だ。

etc1000yenad.gif



この助成金を受け取るには、車検証と印鑑を用意し、指定の取扱店に行き、好きなETC機器を選び、アンケートに答える必要がある。

そうすると、支払い金額から四輪車で5250円、二輪車で15750円の割引が受けられる、という手順だ。ちなみに取扱店の一覧はここで調べることができる。

客にしてみれば高速1000円乗り放題のメリットを受けられる上に、ETCの設置に助成金が受けられるこのシステムはかなり魅力的だ。

しかし、販売業者にとってはもっと魅力的だ。
税金で自分の店の商品を大幅に割り引いてもらえるのだから、こんなおいしい話はない。店舗どころか、たくさんの通販業者も、これを機に売り上げを伸ばそうと、助成金をアピールして売りまくっている


そのため、今ETCはただ事じゃない品薄状態だ。


店舗を構える自動車用品店はもちろん、大手通販サイトですら、売り切れや入荷待ちが当たり前のようになっている。

しかし、店を一軒一軒あたっても品薄だったり高い機種しかなかたtりしても、通販サイトなら在庫の有無を確認でいるし、入荷予定に合わせて購入することが可能だ。少し高くても良いなら、すぐに購入できる店もある。

ちなみに今最安の店は、ここセットアップ込みで、割引後の価格が3140円

販売予定日は4月10日の午前10時、限定30台だ





例によってETC導入と同時にポイントを稼ぐ手もある。


まず楽天カードを作る。もう持っている人には不可能だが、まだ持っていなければ新規入会で2000ポイントがもらえる。


更に新年度の客を見込んでか、4月16日までなら5000ポイントプレゼントキャンペーンを行っているので、これを利用しない手はない。このキャンペーンでカードに新規入会して、ETCを購入し、あとは送料無料500円の商品をひとつ買えば、それで5000ポイントだ。

ちなみにおまけ買いの私のお薦めはこれだ。メール便で送料が210円かかるが、トランセンドのMicroSD2Gが397円は、大変に安いと思う。

デジカメを使っている人なら、一緒に666円のSDカードを買えば送料が無駄にならない。


ついでに、私には全く関心がないのだが、花畑牧場の生キャラメルも異常に人気らしい。北海道の土産物屋で買えないのにここなら買える、ということなのだろうか。


ETC購入前提の楽天カード入会なら、ついでにETCカードにも入っておくと良い。どうせETCのカードは必要になるし、それならば高速料金でポイントがつく楽天カードのETCカードにしておいた方が何かと得だ。


裏技として、あなたが既に楽天カードを持っていても、配偶者や家族の名前で新しく作る、という手もある。家族カードなんかを作るより、こっちの方がポイントがもらえてお得だ。


まぁ今ETCを装着していないのは、高速はまず乗らないという人か、なんとなく面倒で放っておいた人か、高速道路行政に不満のある人くらいだとは思うが、全国週末乗り放題1000円が始まるのだから、ちょっとは考えても良い時期だと思う。


にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ お役にたてましたら、ぜひぜひクリックをお願いします。




posted by 転々 at 22:06 | その他いろいろ

2009年05月01日

魔都香港の誘惑1 成田発香港往復15700円と、シャムスイポの魅力

 
成田発の香港往復が緊急値下げだそうだ。2泊3日以上10泊11日以内で、5月いっぱい日曜から木曜発が15700円、金・土発が20800円になっている。


このチケット、実はつい先日まで16700円だった。
何が緊急値下げなのか、座席が売れ残って困っているのか、HISのスーパーバザール対抗なのか、よく分からないが、1000円の値下げになる。香港往復が1万円台半ばになると、もう1000円も6%以上の値下げだ。


空席も十分ありそうだ。まぁ空いているんだから値下げするのだろうが。

以前も書いたが、香港は私には世界でトップクラスに面白い街だ。

ビクトリアハーバーやピークなど定番の観光地も楽しいが、シャムスイポなど生活感の溢れるエリアも面白い。香港で一番面白いのがこのシャムスイポ(深水[土歩])エリアなのではないだろうか。私はシャムスイポに午前中に行っても、つい夜になるまでいてしまう。


nanminapart_ent.gif

goldenpcmarc.gif



まず……


------------------more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 18:49 | TrackBack(0) | その他いろいろ

2009年05月20日

ホテル中央オアシスは外国人狙い?

 
以前このブログで紹介した、大阪中央グループの1泊3300円という超高級ホテルホテルオアシスが、動画での宣伝活動を始めた。

chuooasiamyweb.gif


もちろんテレビCMなどではない。

海外の旅行者向けの、英語版Youtube動画だ。
大阪の関空に降り立ってからホテルオアシスへの行き方、設備の説明などが紹介されている。おもしろいからこのブログにも貼ってみる。

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 23:00 | その他いろいろ

2009年05月21日

誰でもバックパッカーにはなることができる


格安航空券だけを紹介されて戸惑う人がいた。

「ツアーなら成田で飛行機に乗ってしまえば、あとは現地の空港を出ればホテルも観光もできるし散歩もできるのに、航空券だけだと最初のホテルすら自分で探してたどり着かなければならないし、風習の違う海外で言葉も分からず移動するのは不安」というのがその趣旨だった。とてもよく分かる。

実際二人以上で短期の旅行をするなら、パックツアーの方が安上がりなことが多く、私も条件が合えば積極的に利用する。

しかし、やや長めの旅行になったり一人で旅行する場合には、格安航空券しか利用できないのも事実だ。


いわゆるバックパッカーと呼ばれる人たちは、この一人の長期の旅行を積極的に行っている。

背中に荷物を背負うスタイルの旅行者が多いため、80年代頃からバックパッカーという呼称が日本でも定着してきたのだが、実際カバンの種類などどうでも良い。節約型の長期旅行者をバックパッカーと呼んでいるのが実際だ。


Wikipediaにはこうある。

bapperWiki.gif


バックパッカーは安価な料金で世界中を個人旅行する人々の総称。バックパックを背負って移動する事が多い事からそう呼ばれる。略して「パッカー」あるいは「バッパー(オーストラリアなど)」と呼ばれることもある。

バックパッカーについて

1960年代から欧米で流行しはじめ、航空券の低価格化と共に
……


more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 22:23 | その他いろいろ

2009年05月23日

新品アンテナ分離型ETC、14000円在庫あり

 
車を買い替えたのでETC端末を探していたのだが、なかった。

一時は無料で配るようなものだったETC端末も、助成金と週末1000円効果のおかげでどこも品薄になり、助成金が受けられなくなった今でも品切れ状態が続いている。

ETC_Urikire.gif

腹が立つのが、10000円程度で売り切れではないのでクリックしてみると、実はオークションの現在価格だったというパターンだ。つまりは「せっかくの品薄、ここは可能な限り高く売ってやろう」ということだ。

ETC_auction.gif

マスクを無茶な値段で売っているオークションの転売屋と同じ浅ましさだ。こんな店では一生買い物などしない。Yahooのオークションに至っては中古品が新品価格を大幅に超えるのがあたりまえという惨状だ。



そんな中、2ちゃんねるで「イド様」と神扱いされているETC販売店があった。イドサワだ。この店はカー用品だけではなく家電も扱う専門店だが、週末に買うと月曜には発送案内が来る……



more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 18:39 | その他いろいろ

2009年05月30日

フェリーの割引とアップグレード

 
フェリーは地味だがなかなか魅力的な乗り物だ。

陸路のショートカット的な、東京湾フェリーや伊勢湾フェリー、青函フェリーなどの短距離/連絡船は、道路の延長線的に考えるべきなので別扱いとして、やはり面白いのは長距離フェリーだ。

フェリーを積極的に利用する層がライダーだ。
私もバイクでツーリングに出かけることがあるが、北海道や九州などはフェリーを使う。高速代やガソリン代、そして労力と時間を考えると、宿代わりにもなるフェリーは結果的に安上がりで楽なのだ。しかも長距離線には2万dクラスの大型船が多く、想像以上に快適だ。

ferry_lobby.gif


実は私は船が苦手だった。

しかし数年前北海道に行くフェリーを利用してから認識が変わった。今のフェリーは昔に比べかなり快適になっているし、最近の酔い止め薬は優秀で副作用も少なくなっている。

私は臆病なので、乗船前にアンプル剤を飲み、船内用に錠剤を持って行くのだが、錠剤は未だ飲む必要があった試しがない。


長距離フェリーで大切なのは、狭くても良いから自分の空間を確保することだ。2等の大広間も閑散期には安くてゆったりできるのだが、安心して眠るにはやや難がある。2000-3000円程度の差額でベッドがある場合には,絶対に確保するべきだ。安眠の度合いと疲れ方が違う。

ferry_beds.gif




さてこのフェリーだが、あまり割引システムがない……


---------------more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 11:31 | その他いろいろ

2009年06月03日

Airasia スリランカに路線拡大、片道16ドルキャンペーン

 
東南アジアを中心に快進撃を続けるAirasiaが、スリランカ・コロンボ路線の就航を開始する。と同時に片道16ドルのキャンペーン運賃を発表した。旅行期間は8/15から来年の4月30日までと長いが、予約期間は6月2日から7日までだ。

airasia_sriranka.gif


スリランカは、今まであまりアクセスが良くなかった。もちろんスリランカのフラッグキャリアであるエアランカも飛んでいるし、シンガポール航空などを乗り継ぐ事も可能だったが、もう一つ航空券価格が安くならなかったのだ。


しかも最近までスリランカは治安に問題があった。

政府と反政府組織LTTE(タミル・イーラム解放のトラ)が内戦を行っていて、特に北部を中心にテロの不安が大きかったが、最近になってLTTEの戦闘終了宣言し、事実上内戦・テロは終結の方向にある。現在も外務省からスリランカの一部に渡航延期のおすすめ、あるいは是非の検討、またスリランカ全土に十分注意してくださいの渡航情報は……

-----------------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 07:37 | その他いろいろ

2009年06月08日

Jetstarが航空券を1枚買うともう1枚無料のキャンペーン、夏休みど真ん中、予約は6/10まで


Jetstarがまた派手なキャンペーンを始めた。

1人航空券を買うともう1人が無料、事実上半額になるキャンペーンである。

jetstar_buy1free1.gif

ルートは東京発ケアンズ、あるいはゴールドコースト、または大阪発ゴールドコーストかシドニー、旅行期間は7月1日から9月30日、つまり夏休みど真ん中だ。LCC(格安航空会社)であるジェットスターは元値も安く、上のチケットがこの期間40000円〜60000円なので、2人で買うと実質20000円-30000円となる。ただし燃油サーチャージ、日本やオーストラリアの税金は別に13000-15000程かかる。

jetstar_buy1B.gif


夏休みにオーストラリアに行く予定のある人には、ベストのチケット……


----------------
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 07:07 | その他いろいろ

2009年06月09日

小滝鉱泉 -北関東満足度No1の宿は、週末も2人で1泊2食7000円から-

 
海外ネタが続いてしまったので、温泉、いや鉱泉の話でも。


北関東ブロックで今満足度1位なのが、栃木県矢板の小滝鉱泉だ。ここは明治25年創業、山奥の谷間にある一軒宿だ。

kotakikousen_web.gif

宿のサイトにはこうある。

「明治25年創業・山の中にひっそりとたたずむ静かな一軒宿です。湯は日本でも珍しい鉄鉱泉でよくあたたまります。素朴な家庭的な宿です。お気軽にお越しください。」

kotakikousen_sky.gif

本当に特別な造りではない、小さな宿だ。なぜこの宿が草津などの名湯を抱える群馬や一大観光地那須のある北関東で満足度No1なのか……

------------------


more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 22:21 | その他いろいろ

2009年06月11日

バンコクの中級ホテル、8月末まで1泊112円のキャンペーン

 
バンコクの中級ホテルが、1泊39バーツ(約112円)のキャンペーンを行っている。ゲストハウスや安宿ではない。一等地のスクンビット通り沿いにある、かなりオシャレなコンセプトホテルで、1泊1700バーツ+税・サービス料が定価だ。

immFUSIONhotel.gif


このホテルは日本語のサイトも作ろうとした痕跡があるが、マークをクリックするとファイルがなくエラーになる。この辺のだらしなさがいかにもタイなのだが、どうも日本のマーケットは予約サイトで開拓するつもりのようだ。

"Thank You" キャンペーンと称して1人1泊限定、更には一日1室限定で税・サービス料込みで39バーツなのだが、39が「サンキュー」って、日本人しかわかんないって。


この宿はロケーションが良い。

BTSのオンヌット駅から歩いて3分、駅そばにはロータス、カルフールという大型スーパーがあり、屋台も多い場所……


------------------------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 08:19 | その他いろいろ

2009年06月12日

中国地方満足度3位の宿は、全5室、素泊まり2800-3300円の、持田屋旅館だったりする

 
ベトナムホテルガイドになりかかったので、慌てて軌道修正だ。



最近思うのだ。

ネットの力で狭いエリアだけで語られていたクチコミが全国に広がり、評判の悪い店はますます評判が悪く、そして評判の良い店はますます評判が良くなる。

前者、つまり本来なら一部で語られた悪い評判が全国に広まってしまった例として、取り上げるのもかわいそうだが「高菜、食べてしまったんですかの店」がある。ちょっと勘違いをしてしまった田舎のラーメン屋の話だが、ラーメン好きでネットでいろいろ調べている人間なら100%知っている話だ。私はそれでもいろんな意味で行ってみたいと思うが、客商売における思い上がりと勘違いは、こういう形でどんどん悪評を重ねる。昔なら地元の噂だけで済んだのに、ある意味インターネットは残酷だ。


そんな中、小さな本当なら全国規模で話題に上らなくて当然だったのに、たまたま日本中で高評価を受けてしまった宿も最近少なくない。

ブログの右側に日本全国と各エリア別の「満足度ランキング」のリアルタイム速報を貼っているのだが、ここには過去全国的には無名だった小さな宿が軒を連ねている。むしろ大規模ホテルや旅館の方が少数派だ。


現在中国地方で第3位なのが、出雲の持田屋旅館だ。1人で泊まっても4畳半なら2800円、10畳間でも3300円、しかも平日と週末の料金差なし、という大変お安い宿だ。決して立派な宿ではないし、実際部屋は5室しかない。

motidayaryokan.gif


昭和の初期に作られたらしい建物の内部は、かなり私には好みなんだが、豪華とか重々しいという性質のものではない。「古いけれど落ち着きそう」というあたりが最適だ。

motidaya_rooms.gif


ではなぜこの旅館が、岡山・島根・鳥取・山口・広島で第3位なのかというと、これはもう宿主さんの人柄なのだ。それだけで中五智地方第3位。ネットの力も捨てたもんじゃ……


--------------------
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 23:53 | その他いろいろ

2009年06月13日

民宿銀松 - 北陸第5位の素泊まり宿は、1人から1泊3000円


金沢の東山茶屋街民宿銀松も、私の好きな小さな宿だ。

ここは北陸で満足度5位になっている高評価の宿だが、1人で泊まっても1泊3000円、しかも例によって平日も週末も同価格の佳宿だ。以前は食事を提供していたのだが、現在の予約サイトでは素泊まりプラン3000円しか見あたらない。

minshukuginmatu.gif

ここについては、面白い話がある。「金沢散歩道」というサイトでこの宿を取材しているのだが、ご主人と奥様へのインタビューがなんとも良い……


--------------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 07:42 | その他いろいろ

2009年09月30日

1泊500円からのゲストハウスなど男女別英部屋宿ガイドブック、ネットなら1泊350円もある時代だが

 
国内の宿について語っているついでに、本を紹介してみる。


手元に1冊の本がある。
新・ニッポン放浪宿ガイド250という本で、今年の5月に出版されたものだ。

sinjapanhourouview.gif

この本には、1泊500円から高くても1泊2食6000円までのゲストハウス、ライダーハウス、民宿・ペンション、ユースホステル、学校宿などが紹介されている。4年前に山と渓谷社から出版されたニッポン放浪宿ガイド200の、出版社を変えての4年ぶりの新編だ。


「放浪宿」は「旅」と同じ臭いがする言葉だ。
個人的には思い入れが深すぎて使いたくない言葉だし、この種の言葉を平然と口にできるのは言葉に無神経な人かナルシストだけだという気もする。前作には「人生を変える宿、運命を変える宿」などというサブタイトルもついていたので、まぁ、そういう趣味の人が編集した本だと思えばよい。

旅行しながら会社を辞めてしまった人がネパールから会社に退職願のファックスを送るのに立ち会ったこともある身だが、旅行はあくまで旅行であって人生のほんの一部であり…


 
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 16:41 | その他いろいろ

2009年12月20日

世界1周して100万円がもらえる仕事の求人募集が開始、応募は1/25まで、その傾向と対策

ライブドアのニュースを見ていたら、ちょっと面白い話があった。

世界1周して100万円がもらえる仕事の求人募集が開始とのこと。曰く、

オンラインショッピングモールの「カラメル」で、世界1周してさらに報酬として100万円がもらえるという仕事の求人が開始されました。仕事内容は各国で雑貨を買い付けるというもので、買った物の売り上げに応じて合計最高報酬は200万円にもなるそうです。

リゾートアイランドの管理人になって6ヶ月で1100万円もらえるという「最高の仕事」に比べると報酬面での見劣りはしますが、旅行好きの人には面白そうな仕事です。

応募資格など詳細は以下から。
仕事の詳細は、世界中の都市で雑貨を買い付け、領収書と雑貨を週に1度日本の事務局に発送し、買ったものの内容・金額、使用感、買い付けの様子などを、ブログなどでレポートすること。ブログは最低1日1回更新が必要で、雑貨はスタッフによってネットショップ「世界1周雑貨店」で販売されます。

報酬は最低保証の100万円のほか、雑貨の売り上げに応じた出来高報酬が最大100万円で合計最大200万円。報酬とは別に海外旅行渡航費用と海外生活費、雑貨の買い付け費用は支給され、ブログ更新や通信などに必要なパソコン・携帯電話・デジカメが貸与されます。応募資格は20歳以上で、告知メディアやカラメルのWEBページへの掲載が可能なこと。また、1〜2ヶ月の長期海外渡航が可能な人となっています。

(http://news.livedoor.com/article/detail/4504542/ より)


これは面白いと早速カラメルの当該のページを見てみた。


rw_1.gif
http://calamel.jp/buyer/


当然のごとく、希望すれば誰でも世界一周出来るわけではない。
応募者のうち、最終的に1〜3名が選ばれバイヤーとして世界一周旅行をし、最低100万円の報酬をもらえ…

 


more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 15:28 | その他いろいろ

2009年12月23日

【続報】世界1周して100万円がもらえる仕事の求人募集が開始、応募は1/25まで、12/22時点での現状

 
さて前回お伝えした、「世界1周して100万円がもらえる仕事の求人募集」だが、もう大笑いだ。もう2900人程の人が応募している。


100man1222a.gif

http://calamel.jp/buyer/?act=route_list より


一般投票で上位20人が次の選考に進むことが出来るわけだが、こうなってくるともう誰も全員のプロフィールなど読んでくれるわけがない


夢のある話なので野暮は言いたくないが、応募者の中には「とりあえず登録してみました」的な人が多すぎる。ルートを選んだりそれなりに手間のかかる応募なのに、どうしてちょっと対策を考えてみないのだろう?


上の画像をもう一度見て欲し……


---------


more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 00:03 | その他いろいろ

2010年01月23日

マイル・マイレッジを買うメリットとデメリット

 
ついにJALが会社更生法の適用を受けた。

まぁ当然と言えば当然だろう。
資金提供を申し入れているアメリカのメジャー航空会社だって、過去に軒並みアメリカの会社更生法に近いChapter11の適用を受けている。JALは米系より長生きしたのだ。

この世界でメガキャリアは既に以前のような形では生き残れなくなっていて、会社更生法や類似措置の適用を受けたり、スイス航空のように潔く倒産して消え去っているところもある。完全な国営航空として税金をつぎ込むならともかく、民間会社としてメガキャリアが生き残る道は厳しい。


JALはこれまで利用者がためたマイルは無効にしないと言った。
当然と言えば当然の話だ。ここに来て目先の利益を追ってマイルを無効にしようものなら、乗客はますますJALを利用しなくなる。米系だってChapter11の適用を受けても、マイルは無効にしなかった。


で、その航空会社のマイレッジなのだが、これは売買が禁止されているにもかかわらず、実際には1マイル2円前後で売買されている。


例えばここを見て欲しい。売買禁止というのがいかに大義名分か分かるほど多い。

airmileauctions.gif


繰り返しになるがマイルの売買は基本的に禁止されている。

また日系ではマイルの譲渡は親族に限られていて、こういう形で売買はできない。知人に譲渡可能な航空会社のマイルだけが取引されているのだ。航空会社に「購入した」などと言ってしまった場合マイルも特典航空券も無効になるだろうが、「知人から譲ってもらった」と言えば、現実的には全く問題なく利用できてしまう。


禁止行為であることを頭に入れた上で、マイルを購入することにメリットがあるかというと、これはケースバイケースだが、結構お得なケースもあるから困りものなのだ。


例えば……


------------------


more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 16:43 | その他いろいろ

2010年02月01日

マイル・マイレッジを購入するメリットとデメリット2・1年前に存在した、超お得航空券


前回に引き続き、航空会社のマイレッジを購入するメリットとデメリットについて考えてみる。


私がメインとしてマイルを集めている航空会社はアメリカ系だ。
特にユナイテッド航空のマイレッジプラスとノースウェスト航空のワールドパークスにはお世話になった。

昔のマイレッジは使い出があった。

2万マイルでの東南アジア往復は今に比べればあっけないほど簡単に予約が入ったし、ワールドパークスに至っては片道1万マイルで東南アジアの都市まで乗せてくれた。我が家では日本発に比べてきわめて安いアジアのいろいろな街で東京往復、あるいは東京経由他国行きの航空券を購入したが、その街まで片道で行くのに重宝したものだ。

マイレッジサービスの認知度が上がると同時に、だんだん繁忙期の予約が入りにくくなっていたが、それでも早めに予約を入れる価値がある魅力的なルートも少なくなかったのだ。


例えば下のキャプチャを見て欲しい。

これは東京・成田から「太平洋の真珠」と呼ばれるマーシャル共和国の首都マジュロまでの、特典航空券予約画面だ。

201002nrtmaj.gif


見えにくい部分もあるが、これは2008年10月、つまり今からわずか1年少し前の状況だ。

まず成田を夜8時25分に出発するコンチネンタル航空でグアムに飛ぶ。そして翌朝8時20分初のやはりコンチネンタル航空でマーシャル共和国のマジュロに飛ぶ。

このCO956便が朝8時20分発/夜7時8分着と19時間もかかるのは、この便が"アイランドホッパー"と呼ばれるきわめて特殊な便だからだ。


コンチネンタル航空のアイランドホッパーは、アメリカの自治領であるグァムから同じくアメリカのホノルルまで、グアム − チューク島(トラック諸島)− ポンペイ島− コスラエ島 − クワジャリン島 − マジュロ島 − ホノルルというルートで飛ぶ。アメリカを出発してミクロネシア連邦、マーシャル共和国を経由してアメリカに到着するという、ちょっと珍しい路線だ。だいたいマーシャル共和国自体が、太平洋のど真ん中にある小さな島…


-----------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 08:54 | その他いろいろ

2010年03月23日

東北の魅力、と、GWは国内なら宿の確保を

 
3月の3連休は当日現地で宿を予約しながら、東北の温泉と海鮮を楽しんできた。

2010-3NAMARI.gif

もちろん移動はETC割引を利用しての自動車だ。地元首都圏のICから花巻ICまで、通常料金で10500円のところ1000円台ですんだのは相変わらず大きい。

このETCの土日祝割引も新政権で先行きが不透明になっている。
全国の高速無料化はどうもしばらく現実的にはありそうにないし、ETCの特権といえる割引システムも見直しされる可能性がある。

もう私は10万円分以上ETC割引で高速代を節約していて、土日祝のETC割引廃止はかなり厳しい。短い休みがあればすぐ車ででかける私にとって、本来1万円以上する岩手以北の北東北に1000円台ででかけられるのは大きかった。今やETC7000円以下ですぐ手に入るだが、花巻の温泉まで片道走っただけで元が取れてしまうのだ。確かに渋滞は多少厳しくなったが、この割引システムはなんとか継続して欲しいと思う。


そして今回の宿だが、当日現地で予約を入れた。
もちろんネットの予約システムを使ってだ。

本来なら、ある程度の予備知識がないと、当日良い宿の空室を予約することなどまず不可能なのだが、ネットの時代になりこんなわがままができる。もちろん広告パンフレットのように良いことだけを書いた宣伝ではない。利用者の口コミもちゃんと掲載されているのではずれがない。それを比較検討できるのだから良い時代だ。私は携帯の狭い画面が苦手なので常時PCを持ち歩くが、緊急時には携帯からの予約だってする。


日本中を旅行してみて、東北は比較的高くなくて良い宿が取りやすいエリアだと思う。ETC割引が始まって昔よりは混雑することが増えたが、例えば伊豆箱根や信州などを比べれば、安くて良い宿が多く、しかも混雑の度合いが少ないので当日でもなんとかなることが多い。観光にしたって、いかにも「都会からの観光客相手の施設」にあふれている伊豆などを考えれば、本物の地域に根ざした良い見学施設や観光ポイントが多いとも思う。


さてその東北でも妙に宿が混む時期がある。GWだ。



more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 11:32 | その他いろいろ

2010年03月24日

飛行機(B737)貸し切りツアー!グァム4日間で2200万円、日本中から出発可能!

 
前回「GWの旅行、国内なら宿の確保、海外なら飛行機のシートの確保が重要」という話を書いていたのだが、東北宿の魅力について夢中になりすぎ、海外編が書けなかった。

そこで海外編を書き足す前に日課の価格調査を行っていたところ、なんともすごい企画を見つけた。

2,200万円!夢の「超」企画 貸切ジェット!オーダーメイドグアム4日間

201003order1.gif

201003order2a.gif


コンチネンタル航空の飛行機を一機チャーターして、ついでに全員分のグァムのホテルをつけて、2200万円で売ろうという企画だ。


こういうのは、ばかばかしくも面白くて良い。


ちなみに使用される機材はB737。ビジネスクラスが14席、エコノミークラスが141席、合計155人が一緒に旅行することができる。出発は6月1日から来年3月10日までのなかで設定できる。

大型機ではないので小さな空港からでも出発でき、日本の出発地としては成田や関空など大型空港だけでなはく、「新千歳空港・函館空港・旭川空港・秋田空港・仙台空港・新潟空港・茨城空港・成田国際空港・富山空港・松本空港・中部国際空港・関西国際空港・岡山空港・広島空港・松山空港・高松空港・高知空港・福岡空港・熊本空港・宮崎空港・鹿児島空港 他 要相談」とある。


この最後の「要相談」がいい。つまり許可さえ取れればどの空港からだって行っちゃいますよ、ってことだ。B737なら日本のたいていの空港は…


 
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 10:04 | その他いろいろ

2010年03月31日

ビバマカオ倒産、160人置き去り

 
LCCと呼ばれる格安航空会社が勢いを振るう時代だが、こんなニュースが入ってきた。

「マカオの航空会社「ビバマカオ」(中国名=非凡航空)が経営難から燃料代を払えず、マカオ政府から営業権を停止されたのを受け、国土交通省は同社の定期チャーター便の運航取りやめ届けを受理。同社の日本発着便は消滅した。もともと同社は、旅行業界や利用者から評判が悪く、事実上の倒産にもかかわらず同情の声は皆無。最初から最後まで「ビバ!」とはいかなかった。

 ビバマカオはこれまで、成田−マカオ間を週4便運航していたが、国交省が運航取りやめ届けを受理したことで少なくとも4月30日までは運航されないことになった。これにより、同社便で帰国予定の日本人約160人がマカオに置き去りになった。」


(ソース http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20100331/frn1003311205000-n2.htm)


vivamacao.gif


更に記事は次のように続いている。
(ソース http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20100331/frn1003311205000-n2.htm)

「大手旅行代理店の社員は、ビバマカオについてこう語る…


more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 18:50 | その他いろいろ

2010年04月10日

2010年4月、キルギス暴動と観光と特典航空券

 
キルギスの情勢が不安定だ。


略奪・破壊続くキルギス首都、暴漢に射殺命令

8日、ビシケクの政府庁舎に突入する反政府デモ参加者=AP
 【ビシケク=金子亨】わずか2日間の抗議デモでバキエフ大統領が追放された中央アジア・キルギスの首都ビシケクに、9日朝(日本時間同日午前)入った。

 街には5年間にわたる強権支配を脱する「革命」を達成した高揚感はなく、略奪と破壊が続いている。長い政治混乱による人心の荒廃をうかがわせている。

 ビシケクのデモで主標的となった政府庁舎「ホワイトハウス」。7階建ての白亜の殿堂は、放火と投石で無残な姿に変わっていた。特に大統領の執務室があった7階は、窓ガラスが割れ、白い壁に黒い焼けこげの跡を残した。庁舎からカーペットなどを持ち去る人々の姿は、8日も目撃されたという。

 市内の商業街では、8日の夜から9日朝にかけて、断続的に銃声が響いた。元軍人などが自警団を組織して警戒に当たったが、市民は、灯火を消し息をひそめるようにして夜を過ごした。

 暫定政府は暴漢を見つけ次第、射殺する命令を出した。イスマイル・イサコフ国防相は、「ビシケク中心部は正常に戻った」と記者団に述べた。

 ビシケクの男性タクシー運転手(30)は「バキエフは汚職まみれだ。政権から追われたのは当然のことだ」と喜びながらも、「1日12時間でも15時間でも働かないと一家を養えない。次の指導者がこの生活を立て直してくれるのか、今はさっぱり分からない」と、淡々と話した。

 キルギス国民は、2005年に民衆運動を率いて大統領になったバキエフ氏を、再び民衆運動で倒した。「チューリップ革命」と名付けられた5年前の運動と違い、今政変に花の名を与えようという動きはない。

(2010年4月9日14時55分 読売新聞)
*+*+ 毎日jp 2010/04/09[23:31:55] +*+*
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20100410k0000m030083000c.html




実は航空会社のマイル特典旅行やオークションで売られているマイルでの最強お勧め渡航先の一つが、このキルギスだったのだ。


2010kks1.gif

2ちゃんねるのキルギス掲示板にはこうある。

中央アジアにあって、スイスやカナダロッキーと並ぶ美しい、しかも穢れを知らない山岳の自然!
日本人と同じモンゴロイドの顔立ち、そして親切で優しいキルギス人!
旧ソ連というのに、なんと ★日本人はビザ不要です★!!
IMFの指導で経済は安定。治安もよく、バザールに行けば物価はメチャ安い。
昨年、中国新疆地方から陸路で入る、シルクロードそのままをたどるルートも開通!
ウズベキスタンのサマルカンドなどに行くトランジットにも最適!

まだまだ日本人に知られていないキルギス共和国。
観光立国を目指しています。
次のあなたの海外旅行に、ぜひ訪れてみませんか?




キルギスは1991年に独立した旧ソ連に属していた国だ。

周辺の「〜スタン(〜人の国)」諸国は当然のようにビザが必要、少なくとも陸路の入国でビザなしなどは難しいのだが、キルギス共和国は日本人のビザを免除している。

これは日本人だけの特権だ。

周辺諸国で取ったイギリス人旅行者は100ドルくらい支払ったといっていたし、韓国から来た旅行者がソウルで取ったところ200ドルだかそれ以上の手数料とかなりの時間がかかったとの話だった。実際に確認したわけではないが、キルギスを含む中央アジア諸国のビザは手数料が高く手間がかかる。


もちろんキルギスまでは日本からの直行便がないので、空路だと周辺国からの乗り継ぎとなるのだが、私のお勧めは中国から入るルートだ。ここで航空会社のエアマイルによる特典航空券を使うと、かなりお得になる。


まずは日本から中国ウルムチまで特典航空券で飛ぶ。リスクを負ってマイルを買うなら、上海や北京などではなく、こういう使い方をしたい。


ウルムチは中国といっても最西端に近い。しかし一応中国国内なので日本から25000マイルで飛ぶことができる。ここまで25000マイルで飛ぶことができるのは、北京や上海などに比べてかなりお得だ。




大きな地図で見る


さてウルムチからキルギスへの移動なのだが、基本的に三つの選択肢が…



 
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 14:04 | その他いろいろ

2010年04月14日

AirasiaX(エアアジアX)、KUL-羽田就航決定!

 
キルギスの話を書いてる時に、タイは恒例行事とは言え大変なことになってしまい、バンコク往復のウオッチをしていたら、大きなニュースが飛び込んできた。

AirasiaXの羽田就航だ。


マレーシアの格安航空会社エア・アジアは13日、同国の首都クアラルンプールと東京の羽田空港を結ぶ路線を年内に開設する方針を明らかにした。同社にとって初の日本路線となる。当初週3…
(http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819696E3E1E2EAEA8DE3E1E2E6E0E2E3E28698E2E2E2E2;at=ALL より)


20100414airasia3.gif


この先の記事は登録しないと読めないことになっているので引用は避けるが、おおよそ以下のように続く。

・就航するのはクアラルンプール路線で週3便。
・運行はエアアジアX、機材はエアバスA330。
・運賃は片道14000円程度から。
・できるだけ早く週7便にしたい。
・将来は大阪、名古屋、福岡にも就航したい。



茨城空港などという言葉は全く見られないなぁ…


茨城空港が賢明に誘致をしていたエアアジアだが、茨城空港乗り入れのトーンはどんとん小さくなっていったのは報道されていたとおりだが、これには訳が…



 
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 21:30 | その他いろいろ

2010年04月18日

キルギス・旧ソ連幹部の保養所

 
エアアジアXの羽田就航決定に浮かれて間があいてしまったが、キルギスの話だ。

もう一度2ちゃんねるのキルギススレのテンプレを貼る。


中央アジアにあって、スイスやカナダロッキーと並ぶ美しい、しかも穢れを知らない山岳の自然!
日本人と同じモンゴロイドの顔立ち、そして親切で優しいキルギス人!
旧ソ連というのに、なんと ★日本人はビザ不要です★!!
IMFの指導で経済は安定。治安もよく、バザールに行けば物価はメチャ安い。
昨年、中国新疆地方から陸路で入る、シルクロードそのままをたどるルートも開通!
ウズベキスタンのサマルカンドなどに行くトランジットにも最適!

まだまだ日本人に知られていないキルギス共和国。
観光立国を目指しています。
次のあなたの海外旅行に、ぜひ訪れてみませんか?




今でもロシア国内を自由に個人で旅行することは、ビザの手配など予算の面からもあまり簡単ではない。

しかし旧ソ連時代、キルギスで最も有名な観光名所であるイシククル湖周辺は、完全に外国人立ち入り禁止だったのだ。

iskkrlake.gif



大きな地図で見る



中央アジアで最も美しい山と湖とも言われたここイシククル湖の周辺は、ソ連時代流刑地だったらしい。


しかしその風光明媚さで「サナトリム」が出来保養地となった。
サナトリウムといっても、事実上単なる宿泊施設であり、旧ソ連時代の権力者層の保養所だったところだ。


まだ存在するサナトリムに宿泊するのも面白いが、どうせならその中でも最高級の施設であったオーロラに泊まるのが面白い。


iskkrarr1.gif


イシククル湖北岸の中心地であるチョルポンアタから車で30分弱の場所にあるこの施設は、イシククルエリアでも最大級の宿泊施設だ。今は高級ホテルとして営業を行っていて、一般観光客でも宿泊することが可…


 
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 21:49 | その他いろいろ

2010年05月14日

2010年5月、タイの情勢について

 
バンコクのデモについては日本のテレビでも報道されているので今更ここに書く必要もないだろう。


実は私は20年間近く家族で年に数週間をタイで過ごしてきた。

だからバンコクあたりで繰り広げられるクーデターについては、ある程度タイの政治的風物詩と見てしまういい加減な態度もどこか持っているし、1992年のいわゆる「暗黒の5月」についても、「危険なエリアに近づかなければ、おおよそ安全だろう」と思っていた。

その後犠牲者の一部が収容されていたロイヤルホテルの従業員から、その時の惨状を聞いたのだが、それでも「タイだからこの程度で済む」とすら思っていたところがある。基本的にタイの政情については、どこかなんとななると安心しているところがあったのだ。

しかし今回は事情が違う。



バンコク中心部である、ラーマ4世通り/ペブリ通り/パヤタイ通り/ウイタユ通りに囲まれたエリアは基本的に入ることはできないし、日本大使館どころかアメリカ大使館やイギリス大使館も窓口業務を停止する。まぁアソークエリア周辺の水や電気などインフラが止まるようでは仕方がない。



今回のデモ(というより政治的衝突)は、今までのタイのクーデターや政変と一線を画す。昨日の時点で確信した。


特に昨日のUDD側カティヤ陸軍少将が狙撃された事件は、この問題の根の深さを物語る。

アビシット首相がUDDの市内占拠中止の条件として総選挙の前倒しを約束したときには、ある意味意外な形で赤シャツ側の勝利かと思われたのだが、市内の占拠は終わることなくついにこのような形になった。

またUDDにも内紛があるという噂もあり、今回に限らず全ての事件が誰のどのような意図で発生したのかは、現在の時点では誰にも正確なことは分からない。現在は当然のように赤黄どちら側も「自分たちはやっていない」と言っている。真相は藪の中だ。

更にバンコクの報道が多いが、非常事態宣言はタイ各地に出されている。バンコク日本大使館によるこのページを見ていただきたい。


2010bkkjpneby22.gif
(http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/100514-3.htm)

20100514bkkjpnenbsy.gif
(http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/100514map.pdf)



現在日本からタイへの往復航空券は30000円前後であり、夏休みですら30000円台前半を維持しているが、これは現在のタイの政情を明確に反映している。実は私は今回のデモによる航空券価格下落を受けちょっとだけタイに行ってみようと思ったのだが、現地の知人などから話を聞くうち、今回に限ってはこの甘い考えは捨てなければならない、と考えた。



日本でもタイのテレビをネットで見ることはできるが、現在の様子をフィルターなしで一番良く伝えるのが、なんと twwiter……


 
 



  
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 20:27 | その他いろいろ

2010年06月06日

タイ/バンコク、6月の治安と夏の旅行

 
このところ知人に会うたびに聞かれるのが「もうタイに行っても大丈夫でしょうか」といった質問だ。


こういう質問が一番困る。

ここではっきり言っておくけれど、
旅行にいくということは楽しみと引き替えにリスクを抱えることだ。


一般的に治安が良いとされる国にだって犯罪はあるし、そんなことを言い始めたら国内の旅行だって危ない。家から道路に出たらもう交通事故やひったくりにあう可能性だってある。といって家にいれば安全かと言えばいつ空から飛行機が突っ込んでくるか分からない。


世の中には100%の安全なんてものは存在しないのだ。
だからと行って自棄を起こして自ら危険なエリアに飛び込むことは愚かなわけで、このあたりのバランス感覚が旅行をするのには大切なのだろう。


ということで現在のタイだが、6月3日外務省はバンコクに対して出していた渡航情報(危険情報)のレベルを引き下げた。


201006bkk.gif
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=007#header

バンコクについては「十分注意してください」とかなり穏やかなレベルになったし、非常事態宣言が発令された各地方についても同じだ。

201006thaimap.gif
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info2.asp?num=2010T070&filename=2010T070_1.gif


細かいことをうだうざ考えないで言えば、「まぁいろいろあるけれどとりあえずはそんなに危険はないですよ」位に考えておけば良いのかもしれない。



現在タイでは、反政府デモで影響を受けた商店などを救済するための歩行者天国やバーゲン・フリーマーケットが開催され……




 
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 19:16 | その他いろいろ

プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード