Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは引っ越をしました。
このページは2016年7月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2011年12月15日

エティハド航空の無料シャトルで、アブダビ空港からドバイに行く

 
中東の旅行記を長い間更新していない。
鮮度が命の旅行記としては厳しいところもあるのだが、私の性格上「こんなに面白かったから、ぜひ行ってみてはいかがですか?」的書き方をしてしまうため、自粛しているのだ。(2011年4月26日以降、シリアの全地域には外務省の避難勧告が出ている。)しかし何も書かないのも地味に悔しいので、今現在旅行をするのに全く問題のないUAEについて書いてみる。具体的に言うと「あまりお金を持っていない人が、エティハド航空で、ドバイにストップオーバーする」がテーマになる。

エティハド航空はアラブ首長国連邦(UAE)の国営航空会社だ。
UAEの航空会社というとまずエミレーツが頭に浮かぶが、こちらはドバイとベースにしているのに対し、エティハド航空はアブダビをベースにしている。ドバイとアブダビは車を飛ばせば2時間程度でついてしまう距離だが、それぞれはドバイ首長国とアブダビ首長国の都市だ。アラブ首長国連邦を構成する7つの首長国のうち最も大きいのがこのアブダビ首長国となり、首都もこのアブダビだ。

AbuDhabi_Dubai_01.gif


ところがUAEで観光客に人気の街と言えば、やっぱりドバイだ。
中東屈指の金融センターであり観光都市であるドバイ/ドバイ首長国は、アブダビほど石油資源が豊富ではないため、ビジネスや観光のインフラを整備することで発展を目指した。まぁ中東のシンガポール/香港みたいなもんだな。資源持ちのアブダビは、多少の余裕をもってそれを眺めてきた気がする。

ヨルダンで会ったアブダビ人は、私はドバイに行くと聞くと、こういった。

「なんであんなところに行くんだ?ドバイの街なんかじゃお前の国と変わらないだろ?せっかくUAEに行くのなら、昔ながらのアラビア(と彼は言った)のあるアブダビに来いよ!」

言いたいことはわからないでもない。でもさ、おまえんとこも、結構な都会じゃん。


誇り高きアブダビ人の言いたいことも分かるのだが、私にはどうしてもドバイに行かなければならない理由があった。2009年に開業したドバイメトロに、1回乗ってみたかったのだ。こう答えるとアブダビ人は「そんなくだらない理由でドバイなのか」みたいなことを言ったが、それでも見たいのだから仕方がない。

エティハド航空がアブダビ空港からドバイに無料のバスを走らせていることも、ドバイメトロ試乗を後押しした。日本乗り入れエティハド航空便の多くのチケットが、往復、あるいは往路か復路どちらか1回、アブダビにストップオーバーできる。アブダビまでは市内バスのチケットを買わなければならないが、ドバイ (のファイナンシャルセンター)までなら無料で連行してくれるというのだ。私はこの「無料」という言葉に大変に弱い。


エティハド航空はドバイのチェルシータワー(ドバイメトロのファイナンシャルセンター駅前)とマリーナモール、そしてアルアインにシャトルバスを…

 more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 18:59 | TrackBack(0) | UAE/ドバイ

2011年12月16日

エティハド航空のシャトルを降りて、ドバイメトロに乗った件

 
アブダビ空港からのエティハド航空無料シャトルは、ドバイのファイナンシャルセンターに向かう。ファイナンシャルセンターのチェルシータワーというビルの1階に、エティハド航空のドバイシティチェックインセンターがあるのだ。


大きな地図で見る


大きな地図で見る


(実はこれ、復路 ドバイ→アブダビ車内の動画です)



このチェルシータワーの目の前に、ドバイメトロの "Financial Centre" 駅がある。ここまで来れば市内へのアクセスは楽勝…

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 12:56 | TrackBack(0) | UAE/ドバイ

2011年12月17日

ラマダンのおかげでドバイのホテルに安く泊まった件

 
このところ夏の旅行シーズンとラマダン(ラマダーン)が重なっている。

2008年のラマダンが9月1日→9月29日であったのに対し、2009年が8月22日→9月19日、2010年が8月11日→9月9日、そして2011年は8月1日→8月29日と「どんぴしゃ8月」だったのだ。ちなみに2012年は7月20日→8月18日と「東北・北海道の小中学生夏休みモード」、2013年は7月9日→8月7日と「お盆の前までねモード」、2014年は6月28日→7月27日と「夏休みくらいまでねモード」となる。

国や地域によっては、あるいは旅行スタイルのよってはラマダンの時期には旅行者に不便なこともある。私はヨルダンで人目を避けてスーパーのパンを食べたし、庶民的な飯屋が営業していないこと自体も多い。運が悪いと博物館などの営業時間がラマダンモードで中に入れないこともあったりするらしい。そういえば比較的異教徒の飲食に寛容だったシリアでも、さすがに日中やってるハンマーム(公衆浴場)はなかった。

ramadan_hotel_01.gif


しかし不便なことばかりではない。日中飲食ができないのは多少きついが、基本的にラマダンはお祝いでありめでたい時期なのだ。シリア・ハマのリアドホテルでおいしい夕食をふるまってもらえたのもラマダンであったからこそだし、日没後の街の盛り上がりも楽しい。

旅行者にとってラマダンはホテルがディスカウントを行う時期でもある。ゲストハウスや安ホテルではさすがに無理だが、一般的な観光客が利用することの多い$100-$300クラスのホテルになると、結構格安な「ラマダン割引」をするところも多い。



ドバイと言えばホテル激戦区だ。しかし節約型旅行者には多少厳しい。なにせ基本的な価格帯がやたら高いのだ。7つ星と言われるバージュアルアラブをはじめ、さほど大きくはないエリアに数百の5つ星ホテルがあると言われているが、安宿は高級ホテルほどには多くはない。

バックパッカーの頼りの綱はユースホステルということになる。

ramadan_hotel_02.gif
http://www.uaeyha.com/home

しかしここはあまりロケーションが良くない。更には出稼ぎの長期滞在者で結構混んでいて、メールのレスポンスがあまり良くない。ドミでも100ディルハム、個室だと200ディルハムくらいする。これは街中の安ホテルと大きくは変わらな…
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 14:36 | TrackBack(0) | UAE/ドバイ

2011年12月18日

貧乏ドバイ観光1 入場料60円のドバイ博物館

 
ドバイ観光の醍醐味と言えば、5つ星(7つ星!)の贅沢なホテルに泊まったり、ブランド品ショッピングをしたり、エステに行ったりすることなのだそうだが、私にはそういうことをする意思も能力もない。特に金銭的的能力に欠ける。では何をするのかというと、街を歩いて博物館の類を見て名所旧跡を訪れる。別にドバイに限らずどこに行ってもすることはほぼ同じだ。この辺私にぶれはない。アラビアン・コートヤードに宿を取ったのはホテルの内容から考えて激安だったからだけではなく、博物館の目の前にあるというロケーションのためでもあった。

dubai_museum_01.gif


ドバイ博物館は1787年に建てられたドバイ最古の現存建築物のひとつである Al Fahidi Fort を改装して作られた。"fort"というからには元々は他の部族の襲撃に備えた城砦であり、その後宮殿、駐屯地、刑務所(!)などに使われ、現在博物館になっている。いろいろな歴史のある建物なのだ。なにかと規模の大きな施設の大きなドバイとしてはこぢんまりとした施設だが、これがなかなか良くできている。

dubai_museum_02.gif
(The Arish with the wind tower)

dubai_museum_04.gif
(1785年製造の銅砲。19世紀に使われていた)


館内に入ると、ドバイの歴史を簡単に紹介したビデオを見る。特にここ最近のドバイの発展はものすごい。石油の力をまざまざと見せつけられる。もっともその石油に依存しないように、ドバイは今の国の形を作った訳なんだけれ…

 more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 12:47 | TrackBack(0) | UAE/ドバイ

2011年12月19日

貧乏ドバイ観光2 入場料100円のジュメイラ・パークビーチ

 
ドバイ博物館は、ラマダン割引で1泊レートチェックアウトつき3800円のアラビアン・コートヤードホテルに事実上隣接していたため、じっくり見学をしてもまだ午前中だった。今日この後は夕方5時までにドバイのエティハド航空シティターミナルにチェックインすればよい。まだたっぷり時間に余裕がある。エステにもスパにも関心がなく金銭もない私は、とりあえずビーチに行ってみることにした。軽く「入場料100ディルハム」とかおっしゃるホテルのプライベートビーチではない。5ディルハム(約100円)で入場できる公共ビーチ、ジュメイラパークビーチだ。

google mapで路線案内を調べたら、ホテルから1km弱離れたゴバイバ・バス・ステーション(アル・ゴバイバ・メトロステーション横)から8番のバスがジュメイラパークビーチに行くようだ。バスの番号までわかるなんてgoogle mapすごい。


大きな地図で見る



ドバイのバスは当然冷房完備だ。ついでにバス停も冷房完備だったりする。ホテルの人に聞いたら「どこでもって言う訳じゃないですよ」と笑っていたけれど。それにしても冷房付きのバス停というのは、日本でも見たことがない気がする。

dubai_bus_stop_air_condition_01.gif



バスは40分弱でジュメイラパークビーチに着…

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 19:11 | TrackBack(0) | UAE/ドバイ

2011年12月20日

貧乏ドバイ観光3 入場料1059円からのドバイ水族館を無料で半スルーした件

 
8月のドバイはめちゃくちゃ暑い。

平均気温が35.5℃であることはこの際許せるのだが、平均最高気温が41.3℃、平均最低気温が30.1℃。最高気記録は48℃だ。まぁこの程度湿度が低ければなんとかやり過ごせるのだが、ドバイの8月は降水量がほどんどない癖に海に近いため湿度が高い。常時80%を超えるという凶悪さだ。

同じ時期ヨルダンもそれなりに暑い。同じ8月のアンマンにいたある日「もう暑くて眠れないんですよ」と泣きを入れる日本人もいたくらいなのだが、そんなヨルダンにドバイの人たちは避暑に行く。 それくらい暑いのだよ。

ビーチにいると泣きそうな気持ちになってきたので、もう少し涼しい所で水と魚を見ることにした。ドバイ水族館(ドバイ・アクアリウム)だ。

dubai_aquarium_01.gif



ここには世界最大のアクリルパネル水槽がある。それまで世界一だった沖縄・美ら海水族館の幅22.5m x 高さ8.2m x 厚さ60cmを超える、幅32.88m x 高さ8.3m x 厚さ75cmという大きさだ。これが10000dの水の入った水槽を支えている。ちなみに美ら海水族館の大水槽の水量は7500d、海遊館では5400dで、世界最大のアメリカジョージア水族館は23500dだ。こっちには大きなアクリルパネルはないみたいだけれど。

これだけでも見物なのだが、2010年2月25日、このドバイ水族館の巨大水槽が破裂し観客が一時避難するという事故が起きた。私がドバイにストップオーバーした半年前のことだ。




火事と喧嘩は江戸の華、私は今や千葉人であるので漏水をこれに入れても構わないだろう。その後のドバイアクアリウムの復旧具合を確認する意味でも、ここは素通りはできない。ぜひ訪問ようじゃ…

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 20:09 | TrackBack(0) | UAE/ドバイ

2011年12月21日

貧乏ドバイ観光4 ドバイモールを徘徊していたら、アザーンが鳴り響いた件

 
水族館の大水槽を外側から堪能した後、ここドバイモールを見物する。私だってその気になればウィンドウショッピングくらいできるのだ。

dubai_mall_03.gif



2008年にオープンしたドバイモールは世界最大のショッピングモール、「世界最大級」ではなく本物の世界最大だ。どう紹介したら良いのか考えていたら、日本語版Wikipediaが分かりやすく紹介をしてい…

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 18:58 | TrackBack(0) | UAE/ドバイ

2012年01月09日

貧乏ドバイ観光5 ラマダンのドバイで、安く外食をした件

 
モールを徘徊しているうちお腹が空いてきた。ドバイモールは世界最大のショッピングモールなので、当然レストランやフードコートくらいある。問題は「今がラマダンの時期」だということだ。当然のようにフードコート入口には厚いカーテンが垂らされている。

dubai_mall_food_court_01.gif



どれどれ?

dubai_mall_food_court_02.gif

dubai_mall_food_court_03.gif



---
ラマダン期間中のフードコートについて。

断食時間中、テイクアウトと規定の飲食エリアは営業しています。モール内の規定の場所以外での飲食は禁止されています。
---




さすが国際都市ドバイ、イスラム教徒以外はちゃんと食事できるんじゃん、である。カーテンの中をそっと覗いてみる。

dubai_mall_food_court_05.gif



人気はあまりないけれど、一応営業はしているようだ。中に入って…

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 16:25 | TrackBack(0) | UAE/ドバイ

2012年01月10日

貧乏ドバイ観光6 世界一高いハリーファ塔へは登るべきか否か、帰国便で確実にエクジットローを確保するかあるいはアップグレードに望みをかけるか、まぁいろいろ迷った訳だ、の件

 
ドバイの名物と言えばまずはブルジュ・ハリーファだろう。

アラビア語で「ハリーファ塔」を意味するブルジュ・ハリーファは160階建て、てっぺんの尖塔を含めると地上高828メートルという世界で最も高い高層ビルだ。尖塔部分を除いてもその高さは636メートルある。スカイツリーのてっぺんは634メートル、特別展望台で450メートルだから、その高さはただ事ではない。

Burj Khalifa_01.gif


展望台は地上高452メートルの地点にあり、入場料(って言っていいのかな?)は100ディルハム。今日のレートで約2100円だ。この2100円を高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれだろうが、ドバイに着くまでの私は正直「ちょっと高いよなぁ」と考えていた。根がバックパッカーだしホテルが180ディルハムだったからドバイ泊を決めた私だ。この程度の貧乏性は当然と言える。


ちなみにこの100ディルハムというのは事前予約をした場合の料金で、思いつきでここに来て登ろうとした場合には400ディルハム(約8400円)となる。この価格については迷うことはない。「間違いなく高い」と胸をはって言える。

それなりに、いや、ここはドバイでも間違いなく人気の観光スポットなのでチケットの予約も前日程度では難しいことも多い。ちなみに今明日の販売状況を見てみたらこんな感じだった。

Burj Khalifa_02.gif

ほぼ売り切れですな \(^o^)/ 。


とはいえドバイモールまで来たからには、やはりブルジュ・ハリーファは気になる。私の脚は自動的に入場券売り場に向かっていた。ラマダンのこの時期ならばもしかしたら何かあるかもしれない、という思いもあったかも…

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 20:33 | TrackBack(0) | UAE/ドバイ

プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード