Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは引っ越をしました。
このページは2016年7月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2016年07月20日

2016初めてのイラン41 宝石博物館では厳重な警備に感動した件

 
 3つ目の博物館は、ご存じ宝石博物館だ。

IMG_0180.jpg


宝石博物館といっても、宝石や宝石に関する学術展示をする施設ではない。革命前に歴代のシャーが蒐集した「お宝」コレクションを公開する施設だ。ここにはそれはそれは豪華絢爛な宝飾類が並ぶ。

そういう施設であるので、警備は極めて厳重だ。宝石博物館はイランメッリー銀行の地下金庫内にある、というより、博物館自体が金庫なのだと思う。銀行の外側まではなんとか写真撮影が可能だが、一歩建物の中に入ってしまえば、写真撮影は一切不可能だ。

IMG_0207.jpg

IMG_0182.jpg



中に入ってみて思った。どうやら私は宝飾品に全く関心がないようだ。




私はあまり頭が良くないが、宝石が貴重で高価である理由が理解できない程ではない。それほど美しいとは思わないし購入してまで欲しいと思ったことがない。くれるというならもらう。しかし翌日には換金している。換金できる以外に手元に置く理由が理解できない。

私程この博物館で心を動かされなかった人物はいないのではないか、とすら思う。世界最大の182カラットのダイヤモンドも、6000個の宝石がちりばめられた「孔雀の王座」も、51366個の宝石が埋め込まれた「宝石の地球儀」も、「へー、これなんだ」程度の感慨でしかない。ちゃらちゃらきらきらしやがって、だ。


しかし、極めて高価な宝飾が多くあるだけあって、ここの警備は厳重だ。展示室自体が金庫となっているこの博物館の出入口や警備の様子を見るのは、なかなか興味深い。大銀行の地下金庫を見学に行くと思えば、入場料を払った甲斐もあった、というものだ。



ルパン3世とかは、こういう場所が好きなんだろうなぁ。





宝石博物館から宿まで約600m、少し裏を行けばちょっとした盛り場を通る散歩道だ。

IMG_0177.jpg

IMG_0172.jpg


ここの地下には、なかなかおいしいレストランがある。

IMG_0176.jpg

IMG_0175.jpg

IMG_0173.jpg


恒例のチェロウ・キャバーブ。私には宝石よりこちらの方が良い。

↓↓ 鋭意ランク下降中ですが更新してみました ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ
↑↑ 救済クリックしていただけるとうれしいです! ↑↑

posted by 転々 at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン、カタール

プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード