Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは引っ越をしました。
このページは2016年7月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2016年05月15日

2016初めてのイラン11 カタール航空にさんざん食事をふるまわわれた後、やっとイラン/シーラーズに向かうQR476便に乗り込んだ件

 
 カタールからイランは近い。ペルシャ湾を挟んだ対岸という感じで、一番近い場所ならその距離は150km程度だ。そしてシーラーズはイランでもペルシャ湾寄りに位置するので、ドーハからシーラーズまでの直線距離は500km弱、東京ー大阪間と大体同じだ。



私が乗るQR476便も、その運行時間は1時間15分。この1区間のためにたっぷりドーハの何もないエリアを堪能することになったのだが、まぁ、これはこれで面白くもあった。自腹じゃまず泊まれないお高いホテルに2回も滞在できたしね。そして、再び出国エリア・アルムルジャンラウンジで朝食。はい、おいしいです。

IMG_0019.jpg



予定をかなり超過したドーハ滞在十分楽しんで、やっとQR477便に搭乗、と思いきや、またもや遅延。スタッフが言うには、まだシーラーズの天候が回復していないのだそうで、今度は他の乗客と一緒に出国エリアにある”Marche Restaurant”というお安そうなカフェテリアに案内され、30カタールリヤルのセットをいただく。

IMG_0029[1].jpg

IMG_0030[1].jpg


物価のお高いカタールの空港だけれど、ここではクーポン利用者でなくとも普通に30リヤル程度のセットを食べることができる。街中のマクドナルドでセットが23-25リヤル程度だったから、空港の出国エリアとしてはなかなか良心的なお値段だ。こうなるとホテルでいただいた100リヤルとか150リヤルというミールクーポンの額面がいかに大きかったかが分るし、トランジットホテルの食事の高さも分る。まぁラックで1泊52000円のホテルだかた仕方がないか。

IMG_0031.jpg

2015-12-25 19.50.32-1 - コピー[1].jpg

チキン、米、フレンチフライ、豆のサラダ、ケーキ、そしてドリンクバーがついて30リヤル(≒約895円)。そんなにおいしいってものじゃないけれど、お腹は満たされる。本当はお腹は空いてなかったけれど。


ところで、私は成田からカタールに着いてから、@トランジットホテルに向かうアライバルラウンジでの軽食、Aトランジットホテルでの超豪華ランチビュッフェ(バウチャー150リヤル)、BアルムルジャンラウンジでのMade to orderの夕食、C再度トランジットホテルに向かうアライバルラウンジでの軽食、Dトランジットホテルでのルームサービス(バウチャー100リヤル)、E出国エリア・アルムルジャンラウンジでの朝食、F出国エリアMarche Restaurantでのランチと、6食をあてがわれたことになる。

ラウンジの2食を除いても4食、食べ物さえ与えられれば上機嫌になる私としては、極めて満足だ。カタール航空、偉い!



QR477便は、結局定刻を12時間15分遅れた14:00に出発した。ドーハにはカタール航空の機材がごろごろしているわけであって、この遅延は天候の問題であり、シーラーズ空港のレーダー誘導能力の問題だ。それを考えると、カタール航空は良くやっていると思う。

IMG_0035.jpg

IMG_0036.jpg


QR476便の機材は、ちゃんと全席にVODが装備されたA320。私はドーハ到着で結末を見損ねた邦画の続きを見る。LCCに染まった身としては、A320にVODというのは、なんだかものすごく贅沢に感じる。

IMG_0039.jpg


ミールはスナック。賞味1時間のフライトだから、こんなもんだな。もうお腹いっぱいなので、これはそのまま鞄に詰め込む。こういうケチなことをする乗客は、イラン線といえども私くらいだ。

IMG_0037.jpg

IMG_0040.jpg


30分も飛ぶと、窓の外はもうイラン。

IMG_0044.jpg

IMG_0046.jpg

革命やら経済封鎖やらフライト廃止やらでなかなかご縁がなかったイラン、やっとやって来たよ、だ。

↓↓ 鋭意ランク下降中です! ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ
↑↑ クリックしていただけるとうれしいです! ↑↑
posted by 転々 at 13:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | イラン、カタール

2016年05月21日

2016初めてのイラン12 シーラーズの空港でアライバルビザを取った件

 
 イランでアライバルビザを取ることができると聞いたのは、5年位前だった気がする。日本との相互免除が終わってから、ずっと事前のビザ取得が必要だと思い込んでいた私にはこれは結構な衝撃で、「へー、思い立ったらイランに行けるんだ」と思ったことを覚えている。

しかしアライバルビザの取得が可能でも、その情報が航空会社に行きわたっていないと、最悪航空会社は乗客を乗せてくれない。2010年頃は航空会社もアライバルビザの情報を持っていたり持っていなかったりで、それを避けるためにとりあえずドバイまで飛んで、エアアラビアでイランに行くのが定石だったように思う。しかし2015年の時点で、カタール航空の日本オフィスはアライバルビザの情報を持っていて、すんなりとチケットを発券することができた。良い時代になったもんだ。というわけで、QR476便はイラン・シーラーズ空港に到着した。

IMG_0051.jpg

到着便はそんなにないのに、バスでのお出迎え。ボーディングブリッジがないのだな。

IMG_0052.jpg

IMG_0055.jpg


ターミナルビルに到着。乗客のほとんどはそのまま入国審査に進むのだが、

IMG_0056.jpg

アライバルビザを取りたい私のような乗客は、ターミナルビルに入ってすぐ左にあるビザオフィスに出向くことになる。

IMG_0057.jpg

IMG_0058.jpg

IMG_0060.jpg

ここですることは、もちろんアライバルビザの申請なのだが、なぜかイランの場合外国人対象の保険に加入することが義務づけられているので、まず保険代を支払う。16ドルかよぉ。

IMG_0059.jpg

IMG_0067.jpg



そしてビザの申請。こちらは45ドル。正直結構するなあと思わないでもない。

IMG_0062.jpg

私の時にはアライバルビザを申請したのが二人だけで、所要時間は20分程度だった。手順に関しては、スタッフに言われるままに申請窓口や(形だけの)銀行窓口を行ったり来たりして費用を支払えば済む。結果から言えば「大変に簡単で、インドネシアあたりのアライバルビザと手間も時間もほとんど変わらない」印象だ。

IMG_0069.jpg

アライバルビザ、入手完了。

あっけないほど簡単だ。旅行者の間ではここシーラーズが昔から審査が緩いと言われていたけれど、どこもこんなものなのかもしれない。ちなみにアライバルビザを入手できる空港は、テヘラン、タブリ−ズ、マシュハド、シ−ラ−ズ、イスファハンの5か所で、この中ではテヘランだけが「ちょっと厳しい」という話も聞いたけれど、真偽のほどはわからない。

また、現在イラン大使館のサイトには「空港でのビザ取得手続きには、パスポート(残存有効期間6ヶ月以上)、写真一枚、往復の航空券、申請料金50ユロが必要になります」とある。また値上がりしたんだねぇ…

IMG_0064.jpg

↓↓ 鋭意ランク下降中です! ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ
↑↑ クリックしていただけるとうれしいです! ↑↑

posted by 転々 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | イラン、カタール

プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード