Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは引っ越をしました。
このページは2016年7月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2013年06月08日

2012釜山経由対馬4 釜山で噂のエリーゼモーテルに泊まった件

なんとか間に合ったHISの釜山支店で対馬までのフェリーのバウチャーを受け取り、宿へと向かう。2週間前の釜山では空港にも近い西面のエンジェルホテルに泊まり全く問題なく快適だったので、またここに泊まっても良いとは思ったのだが、HISや釜山のフェリーターミナルの徒歩圏内にも悪くなさそうな宿があったので試してみた。龍頭山公園のエリーゼモーテルだ。

韓国の場合、安宿とカップル様ご利用宿の境界線が極めて曖昧で、伝統的な韓国風旅館もだってカップル様にご利用頂いているし、モーテルにだって出張のビジネス客や旅行者が泊まる。と言うより、「基本的にカップル様しかご利用いただけない宿」というものが存在しない、と考えて良い。日本の個人旅行者だって、「入りにくい」等と言わずに堂々と胸とはって利用すればよいのだ。


elysee motel busan 001.jpg



すんげー入りにくい。


今まで韓国のモーテルには数十泊していると思う。しかし、ここエリーゼモーテルはその中でもトップクラスに入りにくい。恐ろしく派手な外観もさることながら、普通の入口ドアがなく、目隠しの黒いカーテンが垂れ下がった駐車場の奥まで歩かないとチェックインも……


posted by 転々 at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国

2013年06月09日

2012釜山経由対馬5 例によってデジカルビを食べ、光復路のイルミネーションを見た件

フェリーのバウチャーも宿も確保し、夕飯に出かける。

私は韓国到着初日にはどうしてもデジカルビを食べたくなる習癖がある。デジカルビとは「豚カルビの」であって、牛の焼き肉が平気で2-3万ウォン以上するのに対し、こちらは6-7000ウォンからとお安い。更にこれはあくまで個人的な嗜好ではあるが、韓国で食べる焼き肉は、牛より豚の方がおいしいと思う。タレに漬け込むことの多い韓国スタイルは、牛より豚でその真価を発揮している気がするのだ。(正直、牛の焼き肉は日本で食べた方がおいしい、とも思うし。)

フロントに出向いて、宿のご主人にお勧めのデジカルビ店を教えてもらったのだが、近くのお勧め店はもう閉店しているとのことで、「ちょっと歩くけれど」とここを紹介された。

pusan karubi 001.gif


国際市場エリアにある、日本語の看板もぴかぴか光る釜山カルビ(釜山炭火カルビ)だ。

ここは宿のご主人にわざわざ教わるまでもない結構な有名店だ。外国で日本語の看板を見かけた場合つい避けてしまうという人も少なくないと思う。私にもその傾向がある。「地元の人ではなく、観光客相手の店」という印象を受けてしまうからだ。

しかしここ釜山カルビは、観光客もいるけれどそれ以上に地元客も多い。周辺には6-7軒の焼き肉店が並んでいたが、一番混み合っていたのが釜山カルビであったこともあり、私も宿のご主人の言葉に従うことにした。

pusan karubi 002.gif


メニューには牛カルビやプルコギもあるけれど、店内の客はほとんどデジモクサル(豚首肉)を食べている。牛のカルビが22000-28000ウォンであるのに対し、こちらは7000ウォン。韓国で焼き肉を食べると1人でも2人前を注文しなければならないという掟があるので、そのコストパフォーマンスの高さはますます……

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 14:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国

2013年06月12日

2012釜山経由対馬6 釜山からJR九州のジェットフォイル"ビートル"に乗って、対馬の比田勝に向かった件

釜山・龍頭山公園近くのエリーゼモーテルからフェリーターミナルまでは直線で1km弱、徒歩で15-20分程度の距離だ。散歩気分で宿から歩く。散歩と言っても日帰りで国境を2度越える訳で、パスポートを持ってのお散歩だけれども。

私がHIS釜山支店でバウチャーを買ったJR九州のジェットフォイル「ビートル」の出発時間は午前9:00。ターミナルには1時間程度前に到着しておくのが正解だ。まずは2階のビートルカウンターで、バウチャーをチケットと交換する。更に釜山の港湾税12200ウォン(約1040円)もここで支払う。往復39000ウォンとかの激安チケットを買えた人だと、この港湾税も結構な金額だと感じる気がかもしれない。往復運賃の1/3だもんな。バウチャーを出し港湾税を支払い、無事ボーディングパスを受け取る。

この日、朝8時台と9時台、釜山から対馬に向かう船は3便あった。ロビーには韓国の団体さんがいっぱいだ。係員が「テマド」言っていたのでこの人達も対馬に行くのだろう。団体さんは係員からお弁当を受け取って出国審査に向かう。


pusan ferry terminal 002.gif


「弁当くらい日本で買っても」とも思ったのだが、激安ツアーとしては、安くとも1人前300-400円はする日本のお弁当は決して安くはないのかもしれない。いや、「お弁当付きで、日本で買えば割高な昼食も不要」みたいな売りなのかもしれない……
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国

2013年06月15日

2012釜山経由対馬7 釜山からのジェットフォイル"ビートル"で到着した上対馬町・比田勝が、あまりに何もない街でちょっと困った件

 
JR九州のジェットフォイル"ビートル"は、釜山港と対馬/比田勝ターミナルを1時間10分で結ぶ。窓から海と波しぶきを眺めていると、水平線にうっすら見えていた陸地の影がどんどん濃くなり、やがて島が見え始める。これがけっこうあっという間のことで、船は定刻に上対馬町・比田勝港に到着した。

hitakatu_003.gif


船の窓からは、比田勝港の「国際ターミナル」が見える。スタッフが「来たぞきたぞ」的に待機しているのが、大変よろしい。ちなみに下の写真の左側に見える煙突のある建物は、国内航路のターミナルだ。明らかに国際ターミナルの方が小さ……




more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国

2013年06月22日

2012釜山経由対馬8 比田勝でレンタカーを借りた件と、私が釜山からの日帰りで比田勝を選んだ理由

対馬の中心都市は厳原だ。かつては国府が置かれ対馬藩主であった宗家の居城もあったこの町は、在でも対馬の中心都市であり、対馬空港だって厳原から20分程度の距離にある。お船江や万松院といった観光地や県立の歴史民俗資料館も厳原にあるし、島で唯一のファストフード店であるモスバーガーも厳原にある。歴史的に島一番の繁華街であり、見る場所も多い。釜山からの日帰り観光だって、徒歩とバスでの移動を前提とするならば、比田勝は避け厳原にするべきなのだ。


一方比田勝はというと、ぶっちゃけ何もない。

その後帰国運動で日本を去る在日の少年が発見した小さな塔の首遺跡とか、「四国八十八カ所霊場を写した」などといいつつ小さな石仏を88体並べた事実上の単なる山の散歩道である「比田勝八十八ヶ所」とか、なんとか興味・関心は持てるのに土日祝年始年末休業の歴史民俗資料室とか、恐ろしく訴求力の弱いポイントが僅かにあるだけだ。寒い中この集落で5時間近く好奇心を維持しながら過ごすことは、よほどのマニアさん以外には無理だ。

hitakatsu_002.gif


more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国

2013年06月23日

2012釜山経由対馬9 まずは世界最大級の豊砲台跡をじろじろ見た件

 世界中どこでもそうだが、レンタカーを確保したときの「これでどこにでも行けるぞ」感は頼もしい。私が対馬レンタカーで借り受けた車は軽だったけれど、これで「この小さな集落で5時間どうしよう」の悩みは消えた。行くことができる場所が急に増えたので、むしろ「この5時間を効率よく使わなければ」という気持ちになっている。レンタカー、偉い!実質4時間に5000円はちょっと痛いけれど、次いつ来ることが出来るか分からない対馬だ。これくらいの投資はありだろう。

kamitsusima 001.gif


まずは対馬最北端の道路を走ってみる。最初の目的地は、比田勝の集落から8km弱離れた豊砲台跡だ。
豊砲台は昭和9年に完成した世界最大級の砲台だった。ここに設置された40センチ級のキャノン砲(加濃砲)は、日本にもそう多くはなく、戦艦土佐、あるいは赤城・長門のものが使われたという話もある。砲身だけで100トン以上……

more.png この記事の全文を読む 

タグ:豊砲台
posted by 転々 at 03:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国

プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード