Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは引っ越をしました。
このページは2016年7月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2012年04月01日

2012/04/01、グーグルマップでエイプリルフール!

 
ついさっき、地元から愛するミンタロハットまでの走路を検索してみました。



大きな地図で見る



表示オプションに注目しましょう。


「地図」「ぼうけん」「写真」「地形」「Earth」、、、


え?「ぼうけん」???


google map 2012_4_1.gif




恐る恐る「ぼうけん」を選択してみると……

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 01:30 | TrackBack(0) | その他いろいろ

2012年04月07日

2012ミャンマー22 バガン/ニャンウーからインレー湖/ニャウンシェへ飛行機で移動した件

 
ミャンマーで最も有名な観光地がバガンだとすれば、最も人気のある観光地はインレー湖だろう。「ミャンマーでどこが一番良かった?」と話を聞くと、「インレー湖」と言う人は多かった。ミャンマー入門者としてはここを外す訳にはいかない。

実はバガンに着くまでは、インレー湖まではバスで移動するつもりだった。寝台バスでないかぎり夜行バスが苦手な私としては、今回のルートで唯一昼行バスがあるこの区間でバスに乗る予定だったのだが、バスターミナルに向かった日には希望日のバスは満席だった。どちらもミャンマーを代表する観光地なのだから、定期バス以外にミニバスくらいあるだろうなどと甘い考えでいた私が悪い。バガンとインレー湖を結ぶバスは1日1便だけだった。

「シートはないけれど、通路のプラスチック椅子にはまだ空席がありますよ」と係員は言ってくれたが、これが本当に家庭菜園の隅に放置されてそうな椅子で、何より固定されていないのが怖い。これで10時間以上は厳しいよなぁ。というわけで、$70と運賃は跳ね上がるが、エアマンダレーのヘイホー(インレー湖)行きに乗ることにする。


ニャンウー(バガン)空港のロビーに無料Wifiのサインが出ていたことを思いだし、ちょっと早めに宿を出る。宿から空港までは例によって5000チャット。まだ「飛行機はとてもぜいたく」という認識の国では、この空港までのタクシー代が馬鹿にならないのだが、ミャンマーの場合結構どうにもならない。500チャットの乗り合いトラックが空港近くまで行くことは知っていたけれど、雨だったしなぁ。期待のFree Wifiなのだが…

bagan_heho_flight_02.gif

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 17:38 | TrackBack(0) | ミャンマー

2012年04月08日

2012ミャンマー23 インレー湖/ニャウンシェのリメンバーイン(Remember Inn)が極めて優れた宿だった件

 
バガンで聞いた評判から、インレー湖(ニャウンシェ)の宿は Remember Inn にしようと決めていた。同じ価格帯では Aquarius Inn の評判も高かったのだが、こちらは部屋が部屋が7室しかないらしく、日没近い時間では空室のある可能性が低い。私はタクシーの運転手に「リメンバーインでおろしてね」と言っておいた。こちらは45室もありちょっとしたホテルの規模だ。

remeber_inn_01.gif


「部屋?今は$15の部屋しか空きがないんだけれど、それでもいいかな?明日安い部屋が空いたらそっちに移動できるから」

オーナーらしき男性は大変人を見る目があるようで、私が高い部屋を好まないことを一目で見抜いた。なかなかやるな、であるが、まずは部屋を見せてもらう。大変良い部屋だ。靴を脱いで上がるフローリングが……

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 19:12 | TrackBack(0) | ミャンマー

2012年04月10日

2012ミャンマー24 ボートでのインレー湖巡りは、五日市(Five Days Marcket)から始まった件

 
インレー湖に来たのだから、まずは湖とその周辺を巡ってみたい。

リメンバーインでも当然インレー湖巡りのボートツアーを扱っていて、4-5人乗れるボートをチャーターすると1日15000チャットにになる。当然シェアする人数が多いほど1人あたりの料金が割安になるわけだが、そこは45室とニャウンシェでも最大規模の宿であるここではシェアする相手も見つかりやすい。というか、フロントで「明日インレー湖を見たいんだけれど」と言うと、「今3人集まっているから、一緒に行くといいよ」と適当に船を割り振ってくれる感じだ。バックパッカーの集まる宿ではよくあることだな。街中で船を探すことも簡単だが、こういうローカル交通機関のチャーターは宿を通して申し込んだ方が安心なことが多い。あんまり悪質なドライバーは宿の信用に関わるため出入りさせないことが多いからだ。

約束の時間にフロントに降りると、今日の船頭さんが迎えに来てくれていた。他の乗客と一緒にニャウンシェの街、というより村をとことこ歩き、船着き場に向かう。これは今日一日を過ごす私の船だ。

lake_Inle_01_01.gif

船と書くより舟の方がぴったりくる。
もう少し正確に書けば「エンジンつきのちょっと大きな公園のボート」だな。


シャン高原に位置するインレー湖は……
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 22:32 | TrackBack(0) | ミャンマー

2012年04月12日

エアアジア・ジャパンの就航スケジュールが発表され、(対抗措置として?)成田/プサン往復が6000円で売られています

 
2012年8月就航予定のエアアジア・ジャパンですが、その就航予定スケジュールが発表されました。ソースはOAG(Official Airline Guide)ののようで、スケジュールはAirline routeからの孫引きになります。

air_asia_japan_schedule_01.gif
http://bit.ly/Io3ma7

ここによるとエアアジア・ジャパンの日本での拠点は成田空港。ここをベースに、国内線は札幌、福岡、沖縄、国際線は韓国のソウル(インチョン)とプサンの5路線で、エアアジアのマレーシアやタイ国内線同様、エアバス320系での就航になるようです。OAGによるスケジュールは以下のようです。

成田-福岡
JW7101 成田0700 - 0900福岡 320 毎日就航
JW7103 ……

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 20:26 | TrackBack(0) | その他いろいろ

2012年04月22日

2012ミャンマー25 インレー湖の土産物店で働く「首長族」と蓮の布

 
インレー湖のボートトリップも観光客相手のツアーであるからには、土産物店への半強制連行という宿命から逃れることはできない。「俺はこういう土産物には興味はないんだよ!とっとと次へ連れて行け!!」という人も少なくないだろうけれど、こういう店を回るからこそツアー価格を安く抑えることができるわけで、どうしても嫌なら「割高になるけれど自分で乗り物をチャーターすればいいじゃん」ということになる。どちらを選ぶか、といことだな。

この半強制土産物店引き回しシステムは、海外格安パックツアーでは空港への送迎と組み合わせになっていて、最近では避することがかなり難しくなっているのだが、私はそんなに嫌いじゃない。早くホテルに入りたいとは思うが、試食品などを口に入れながら観光ビジネスの一面をのぞき見するのは決して退屈ではないし、「これでツアー価格が3000円位安くなるんだろうな」と思えば許せてしまう。まぁかりかりしなさんな、ということだ。

インレー湖の沿岸にはたくさんの水上集落があり、そこにハンドメイドを売りにした土産物店がある。

inle_shop_01.gif



例えばここは手織りの工房……
more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 15:51 | TrackBack(0) | ミャンマー

プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード