Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは引っ越をしました。
このページは2016年7月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2011年05月03日

小三通 - 香港/中国/台湾,陸海路の旅35 「高北土楼群の誰も来ない土楼 - 慶福楼、私すら行かなかった寛成楼などの件」

 
こちらは承啓楼、世澤楼、僑福楼の高北土楼群オールスターズだ。

takakitadorougun_01.gif


そして道を挟んで反対側すぐ、村の生活エリアにこんな土楼もある。

takakitadorougun_03.gif
 

慶福楼(中国語では庆福楼)。土楼には似たような名前がつくので同名のものもあるようだが、ここ高北土楼群の慶福楼については情報らしいものはほとんどなかった。一応あった案内表示によると、ここも江一族による土楼で建築されたのが1932年。直径43メートルの3階建てで、それなりに立派なものだ。

takakitadorougun_04.gif


しかし「高北土楼群」の案内看板にその存在は記されていない。黙殺ですな。

takakitadorougun_13.gif

金門島あたりにあれば一台観光名所になること間違いなしだが、このへんじゃぜんぜんありがたみがないのか、私以外誰もいなかった。入り口には洗濯物が干してあり、板や農具が天日干しされている。承啓楼や世澤楼と比較してその生活臭は10倍増し…
 more.png この記事の全文を読む 

2011年05月07日

小三通 - 香港/中国/台湾,陸海路の旅36 「土楼は十分に満足した人民ツアーの帰路、障州市の主な産業が果物干しだと思い込んだ件」

 
ここまで書いておいて言うのもなんだが、もう土楼はおなかいっぱいだ。

「1週間で円楼を見に行く」なんて本もあって一時は面白そうだと思ったが、正直中五日間も土楼を見ていたらおなかいっぱい過ぎて苦しくなる。私の土楼(円楼)についての好奇心は、高北土楼群中心部だけで十分に満たされる程度のものだったようだ。一時は土楼に1泊しようと地力でたどり着くことも考えていたのだが、158元の人民バスツアーに参加して良かった。何回か書いたが、アモイから高北土楼群に個人で行こうとすると、経由地永定までの交通費と入場料だけでこのツアー価格を上回る。


人民バスツアーの帰路はどこでトイレ休憩/土産物屋連行をするのかわくわく期待していたら、こんな場所だった。

doroukiro_01.gif

ガソリンスタンドじゃん。お客様を乗せている間に給油なんかするなよ、それに金銭に厳しい中国の観光会社がリベートも入らないような場所で休憩していいのか、などと思っていたら、となりに怪しい店舗が広がっていた。

「障州特産店」

doroukiro_04.gif

言っちゃ悪いが、私はアモイに来るまで障州市の存在すら知らなかった。何か有名どころや知られたものがないか今検索もしてみたが、日本語じゃ何もヒットしない。日本じゃあの宇都宮ですら、「日光の出入り口」を言われるのが嫌で餃子とかジャズとか多少無理をしてがんばっているのに、だらしない。大体障州の特産って何だ?

doroukiro_02.gif

ドライフルーツばっかりじゃん。


茘枝干(干しライチ)1袋15元。

doroukiro_06.gif

試食をしてみると、悪くはない。わざわざ買ってホテルで食べたいとまでは思わないが、そこそこおいしいと思う。まぁこの辺じゃ果物を干すくらいしかないんだろうな。他にも結構いろいろなものが…

more.png この記事の全文を読む 

タグ:障州 特産

2011年05月11日

2010中東旅行29 シリア アレッポからハマへはVIPなどを使ってみた件

 
中東の混乱はまだ続いている。

そうそうデモなんか起きないだろうと思っていたシリアでもデモが起き死者800人という報道もあり、EUが制裁に乗り出している。リビアがあんなことになってしまって、可能性としてはもうなんでもありだ。

syria_201105.gif
http://bit.ly/mKUNud

SNSあたりで「シリアは全然平和ですよ〜」的発言を見たが、旅行者の中には「目の前で起こっていなくて宿の人も大丈夫っていうから平気でしょ」的な人がいることも事実だ。マスコミによる報道を疑うのは良い習慣だと思うが、あんまり脳天気なのも困る。


以前中東定番個人旅行ルートなるものを描いたことがあるが、今は当然お勧めできない。だからこの先の中東旅行記も「2010年の時点ではこうだった」と理解して欲しい。でシリアの長距離バスだ。


アレッポのバスターミナルは、シリアの他の都市同様郊外にある。アレッポの場合は中心部から約9km。市内中心部の公園横から赤い8番のバスに乗り「ガラージュ・ラムーセ?」と粘着質に運転手につぶやき続けると30分ほどで到着する。

areppo_hama_bus_1.gif


ガラージュ・ラムーセ。

areppo_hama_bus_2.gif

アレッポのガラージュ・ラムーセ(バスターミナル)は比較的新しいものらしい。建物もまだぴかぴか感がぎりぎり漂っている。とりあえず中に入る。

areppo_hama_bus_4.gif

内側に広場があり、それを取り囲むように…

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 21:47 | TrackBack(0) | シリア/ヨルダン

2011年05月21日

2010中東旅行30 シリア/ハマ「中東一の安宿」こと、リアドホテル(RIAD HOTEL)に泊まってみた件

 
ハマに向かったのは「中東一の安宿」とその名も高い リアドホテル"RIAD HOTEL" に泊まるためだ。

私にとってハマは「水車がいくつかあるらしいアレッポとダマスカスの間にある街」程度の認識で、特に行ってみたいという程の場所じゃない。しかし「中東1の安宿」があると聞いてはどうしても素通りはできない。それにシリア中部にある遺跡を見るにはツアーが割安だが、ヨルダン/アンマンのファラホテルがそうだったように、良質な安宿では良質なツアーに出会う可能性が高い。

VIPバスは例によってハマの郊外にあるらしい。バスに乗り合わせたおにいちゃんに市街地までの行き方を尋ねたところ、ありがたいことにリアドホテルを知っていて「バスターミナルを背に右側に行くセルビスに乗って、時計塔が見えたら降りればいいよ」と教わる。「タクシー(あるいはセルビス貸し切り)だと30シリアポンドくらい」、どのことなので、既に客を乗せているセルビスを拾う。7SP。それにしてもシリアはクロックタワーがランドマークになるなぁ。バックトゥーザフューチャーごっこがどこでもできそうだ。


より大きな地図で シリア、ハマ を表示

riad_hotel3.gif

これはリアドホテルでもらったカードだが、バスターミナルは15の "ROAD TO DAMASCUS" 方向にある。セルビスはこっち側から市街地にアクセスするわけだ。時計塔の交差点西側にリアドホテルはある。ちなみにピンクのマーカーでチェックされた"3 SARAH HOTEL" はビールが飲める場所だ。

riad_hotel.gif


今日日「ようこそ」くらいのメッセージボードでは別に感動などぜんぞ!


階段をよっこらせと登りレセプション、いや、帳場へ。

「こんにちは、1泊いくら?」

「ルーフドミは200SP、エアコンドミは350SP、エアコンとバス付きのシングルは700SPの部屋が空いてるぞ」



ほうほう、と部屋をみせてもらう。ちなみにこの宿も季節や混み具合に寄って値段は変わるだろう。安宿なんてそんな…

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 21:14 | TrackBack(0) | シリア/ヨルダン

2011年05月22日

リアルタイム旅行メモ 「羽田リベンジ」

私は今羽田空港エアポートラウンジ(北)にいる

hnd_20110521.gif


思えば4ヶ月前の夜もここにいた。そして今同様ブログの更新などをしているうちに飛行機に乗り遅れた。おまけに雪で軍艦島への船はでなくなるわ、予約した宿レンタカーも全額支払い済みでキャンセルするわと、泣きたくなるような日だった。

過去飛行機への乗り遅れは、サンフランシスコからシアトルへの乗り継ぎで1回、それだけだったのだ。まぁ、他にも家族の誰かのパスポート期限が切れていて旅行中止、なんてことも2回あったけれど。あ、基本的にだめじゃん、おれ。


3月にも九州の産業遺産を見に出かける予定はあったが、東日本大震災とそれにともなう原発事故で予定はなくなり、最近はずっと柏や松戸、あるいは北関東・東北の放射線量観測ばかりしてきた。もちろん必死で安定化ヨウ素剤を確保するなど、こどもたちへのケアも行ってきた。で、ちょっと疲れた。


そういう訳で今回の九州産業遺産訪問は、ここ2ヶ月がんばってきた自分へのご褒美だ。楽しんでやる!


あ、でも一応羽田空港ラウンジの放射線量。

geiger_hnd0521.gif



どうしても気になるんだよなぁ…。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ人気ブログランキングへ
↑↑ ランキングリンク戻しました。クリック・投票していただけるとうれしいです ^^ ↑↑

posted by 転々 at 06:23 | TrackBack(0) | その他いろいろ

2011年05月24日

2010中東旅行31 シリア/ハマ ノーリア(巨大水車)で漢たちの祭を見て過ごした件

 
タイトルに「ハマ」と書いたこの街、Google Map や Wikipedia を見るとどうも「ハマー」と書くらしい。英語では"HAMA" アラビア語では "حماة"。そのWikipediaにはこうある。

ハマー(ハマ、Hama、 アラビア語: حماة、「要塞」の意)は、シリア(シリア・アラブ共和国)西部のオロンテス川中流にある都市で、ハマー県の県都である。人口は410,000人を数え、ダマスカス、アレッポ、ホムス、ラタキアに次ぐシリア第5の都市になっている。北のアレッポと南のダマスカスの間にあり、ホムスからは北に当たる。

ハマーはシリアの農業および工業の中心地で、特にハマー周囲の平野部は農業が盛んであり3,680平方km(ハマー県の面積の3分の1を超える)の農地が広がる。ハマー県ではシリアで収穫されるジャガイモとピスタチオの半分以上を生産しており、様々な野菜の生産や畜産も発達している。
オロンテス川沿いに広がる古い街には合わせて16台の大型水車(ノーリア)があり、庭園に水を供給するために使われている。こうした水車の歴史は紀元前1100年頃までに遡るとされる。かつて、川床が低く水面も低いオロンテス川から、用水路や農地へ灌漑を行うために水車が使われていたが、現在ではもっぱら観光用に維持されている。

http://bit.ly/jNmzGE

2010_hama_02.gif



スンニ派の多いこの街には血なまぐさい歴史がある。1982年にムスリム同胞団とシリア政府による戦闘が行われ、少なくとも2万人の市民が殺害されているのだ。同じくWikipediaに日本語での解説があり簡潔にまとまっているので、ここも引用する。

1970年代後半、ハーフェズ・アル=アサド大統領の独裁やアラウィー派優遇が強まる中、ムスリム同胞団など不満を持つイスラム原理主義勢力は都市ゲリラ活動を行い、兵士を殺害したり都市で自動車爆弾を爆発させるなどしていた。アサド政権がレバノン内戦に深入りし、一方でトルコ軍がクルド人との内戦でシリア国境に移動することにアサドが気を取られているすきにムスリム同胞団は活動を活発化させ、ついには1982年2月、保守的なスンニ派の多いハマーでムスリム同胞団が決起しハマーを「解放区」とした。
2月2日、大統領の弟リファート・アル=アサドに率いられたシリア軍は35万人の市民のいるハマーを包囲し降伏を勧告した後に砲撃を開始した。爆撃機が市街を空爆し、破壊された狭い通りに戦車が突入して数週間にわたり戦闘を行ったが、この際に戦闘員以外に逃げ惑う市民多数が巻き込まれ、2万人以上の死者(3万から4万に上ると見る推計もある)が出る惨事となった。犠牲者のほとんどは女性や子供だった。また同胞団メンバーとその支持者と見られた市民多数が連行され拷問・処刑された(ハマー虐殺)。この戦闘で古都の旧市街は壊滅し、アル=アザム宮殿を含む古い邸宅やモスク、遺跡の多くは破壊された。

http://bit.ly/jNmzGE

そういう経緯もあり、ハマ市内に私好みの見所は少ない。新市街は旧市街に比べるとどうしても味気ない印象になる。人目があって撮影できなかったが、旧市街には今でも戦闘の痕跡が残っている。

2010_hama_03.gif



リアドホテルは新市街の中心である時計塔前にある。

ぐだぐだ言っていても仕方ない。せっかく初めて来た町だ。どう考えても建て直されたはずのアル=アザム宮殿方面に街を歩いてみることにする。地図はホテルのカード裏面で十分だ。

riad_hotel3.gif


カードにある "5" の観光案内所から "6" のアザム宮殿側水車を見る。このカード、ブログを書くときまで便利だ。さすが中東1の安ホテル、やるものだ。

2010_hama_06.gif


水車に近づく。




既に灌漑の役割を終えたノーリア("NORIA" 大型水車)が、畑作の灌漑ではなく庭園に水を送るために回っている。まぁ観光水車ですな、これは。


ハマの16のノーリアのうち、リアドホテルからお散歩気分で出かけられるエリアにも8つがある。引き続きアザム宮殿側に見えるノーリアに移動してみる。お、ここ裏側が…
more.png この記事の全文を読む 

タグ:シリア ハマ
posted by 転々 at 19:51 | TrackBack(0) | シリア/ヨルダン

2011年05月26日

2010中東旅行32 シリア/ハマ 「いろいろあった旧市街で大勢の男たちに道を遮られ怯えた件」

 
 
ハマの旧市街の多くは1982年のハマ虐殺で破壊された。なにしろこの事件でシリア軍は爆撃機や戦車まで投入した。自国内に爆撃とか旧市街に戦車が入るとかかなり無茶だと思うのだがどうも事実らしい。そういうわけでリアドホテルのカードにある "AZZEM PLACE + OLD CITY" 界隈もこんな感じだ。

hama_old_city_01.gif

細いうねうねした道はいかにも旧市街っぽいのだが、よく見るとどこか「がんばって旧市街を復元しました」感を免れない。もちろんでっち上げた訳ではないのだが古都の旧市街というにはあまりにも小綺麗なのだ。

hama_old_city_02.gif

路地の奥に入るとますます小綺麗になり、その奥にはあーちすてぃっくなギャラリーなどがあったりする。ここは八ヶ岳か那須のヲサレ観光地か、である。

hama_old_city_05.gif


いえね、別にハマにアトリエがあるのは当然だろうしギャラリーだってあっていいんですよ。ですけどね、これは私が中東の旧市街で見たい光景ではないんですよ。一生懸命絵を描いている人にすれば、できるだけ多くの人の目に触れる場所に絵を置きたいのは当然なんですけどね、申し訳ない。それに個人的に絵にはその辺の幼稚園児より関心が低い。ますます申し訳ない。



なんだかなぁ、と思いつつそれでも「旧市街」歩く。といってもそんなに広いエリアではなく、路地も数百メートル程度だが。

hama_old_city_08.gif

hama_old_city_06.gif


アザム宮殿周辺に妙に濃いめの男たちが大勢たむろしていてちょっと不穏な空気になる。

hama_old_city_09.gif


シリアに来てからあまり犯罪の匂いを感じなかったのだが、これはちょっとよろしくない。そうだった、ここは2万人以上が亡くなったハマの旧市街なのだ。路地の壁は高く周囲からの視線を遮る。俺、ここ通りたいんだけどなぁ…。

hama_old_city_13.gif


少しためらったが、できるだけさりげなく目線を合わせないようにしつつ…

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 22:02 | TrackBack(0) | シリア/ヨルダン

2011年05月28日

2010中東旅行33 シリア/ハマ 「リアドホテルでご接待を受けた件」

川と水車を眺めて、飛び込み大会や映画(ドラマ)のロケを見物していたら日没が近づいてきた。

身も蓋もなく言えばハマにはでかい水車くらいしか見所はなく、半日も散歩すれば街の主立った観光は終了してしまう。あとはやたらめったら靴をそろえているスークを見るか郊外に行くかといったところだ。宿のある新市街には小さなマーケットや飲食店が少しあるので、徘徊してみる。

hama_map_2.gif

hama_map_5b.gif


下手くそがいい加減にとった写真であることを差し引いてもぱっとしない。ただこのATMで日本のカードが通ることが分かったのは収穫ではあった。シリアでは日本のカードをオーソライズしてくれるATMの比率が極端に低い。シリアポンドを少し多めに引き出しておく。


でも、やっぱりラマダンでは日没前の街歩きは今ひとつだ……っと、ハンマーム発見!


hama_map_3.gif


残念、この時間は女風呂だ。というより、営業していない。シリアでもラマダンの時期はハンマームは日中営業していない。日中しか入れない女の人はどうするのかと思うのだが、多分誰もそんな細かいことは気にしないんだろうなぁ。とりあえず一端リアドホテルに戻り、安くて地元の人に人気のレストランを教えてもらうことにする。


「あの、この辺で安くて旨い飯屋ってどこ?」

「なんだ、腹が減っているのか。あと10分待て(笑)」




うん、待つ!…

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 15:47 | TrackBack(0) | シリア/ヨルダン

2011年05月29日

2011熊本1泊2日、ラーメンと産業遺産の旅1 「安さは力だ、熊本1泊2日15800円。羽田エアポートラウンジから熊本空港オリックスレンタカーまで」

 
前回書いた南九州近・現代史の痕跡を辿る1泊2日の旅が意外と好評で気を良くしていたところ、名鉄観光の激安熊本ツアーを発見した。

kumamoto_maehuri_5.gif


実は最近九州の歴史産業遺産に惹かれている。

前回の鹿児島1泊2日でもかなり興味深い物を見ることができたし、調べてみると九州には魅力的な産業遺産が多い。平成20年10月29日「九州・山口の近代産業遺産群」が世界遺産の暫定候補になったりして、ちょっとした騒ぎだ。

この「国内での価値があるから世界遺産に」みたいな流れには個人的に疑問を感じてはいる。この辺のことはバイクブログの富岡製糸場の記事に一度書いたので、関心のある方は読んでもらえるとうれしいが、読んでくれないずぼらでいじわるな方のために、記事を一部引用しておく。

kumamoto_maehuri_1.gif


-------------
なんだか最近、猫も杓子も観光客誘致的に世界遺産を狙ってんじゃねーのか?

世界遺産というのはユネスコの世界遺産条約に基づいて登録される。そしてそこには「歴史上、学術上、芸術上、顕著な普遍的価値を有するもの」「鑑賞上、学術上、景観上、保存上、顕著な普遍的価値を有するもの」とあるわけだが、富岡製糸場は果たしてこれにあたるのだろうか?

こういう事を書くと富岡市の皆さんに怒られてしまうだろうが、富岡製糸場がヌビア遺跡やガラパゴス諸島に並ぶ普遍的な価値があるとはなかなか考えにくい、とうのが正直な感想だ。

私は社会科見学が大好きで、こういった産業史跡には目がない。旧富岡製糸場が国の史跡に指定されたり建物が重要文化財になるのはもう当然だと思うし、しっかり地域と国が手をとって守っていって欲しいとも思う。

でもさぁ、世界遺産っていうのは、ちょっと欲張りすぎじゃないか?

日本にはもう11の文化遺産と3つの自然遺産が登録されている。
国の規模から考えても、日本の世界遺産っていうのはこの程度で良いのではないだろうか。あんまり増えても世界遺産のインフレが起きてその価値が下がるだけのような気がしないでもない。

ちなみに現在日本の世界遺産暫定リストに登載されているのは12件。その中ですんなり認めても良いと思われるのは、個人的には鎌倉と平泉くらいだ。「九州・山口の近代化産業遺産群」など涎が出るほど好みだが、「別に世界遺産じゃなくてもいいし、その価値は変わらない」とも思う。

地方自治体が地元の史跡を世界遺産にしたがるのには、理由がある。
もちろん地元の史跡を知らしめ守りたいからでもあるが、同時に観光客を大量に誘致できるからでもあるのだ。たかだか半国営放送のドラマで観光客が大量に押し寄せる軽薄な国民性をもってすれば、世界遺産の名は観光客誘致に極めて大きな力となる。ついでに、その観光名物ともなる史跡を守るための予算も獲得できる。世界遺産になって損はない。

もう一つ、国内でも比較的地味な存在であった石見銀山が2007年に世界遺産に登録されたことも、他の候補地に勢いを与えたのも事実だろう。実際石見銀山は「登録延期が適当」と判断されたのだが、結構強引な外交活動で登録を勝ち得たという経緯もある。

正直これ、裏で「石見銀山は、あの『もののけ姫』の舞台ですよ」的な工作があったような気がしてならない。世界は結構ジブリに弱い。

日本国内(ついでに台湾)のあちこちでも「ここが千と千尋のモデルになりました」的な言葉が多く聞かれそれに結構観光客が納得するように、日本文化が好きなユネスコ職員がジブリ的に後押しをしたのではないかと思えるほどの抜擢だったのだ。

ちなみにカンボジアのペンメリア遺跡は日本人観光客の比率がアンコールワットやトムに比べて異常に高い。もちろんこれは「ペンメリアがラピュタのモデルだった」という話のせいだ。と思う。30%くらいは間違いないと思う。

例によって話が長くなってしまったが、要は「なんでもかんでも世界遺産じゃなくても良いだろう」ということだ。
--------------



この「とにかくおらが地域の名物を世界遺産に」的運動は「実現させよう、三重新幹線」くらい無茶だとも思うのだが、可能性を確信した現地の人にはそんなとんちんかんな戯れ言を聞くつもりはないだろう。まぁ、いいんですけどね。

kumamoto_maehuri_3.gif



世界遺産はともかく「九州・山口の近代産業遺産群」は魅力的だ。

阿蘇の噴火のせいか、熊本の経済のせいか、名鉄のツアーでは北九州と熊本だけが異常に安い。前回飛行機に乗り損ねたのだが北九州便でもう一回トライするのが地味に悔しかったとと、産業遺産の中でも面白そうなものが熊本界隈にも少なくないので、今回は熊本空港をベースにしてみたのだ。特に万田坑の万田ステーションはオープンしてから1年しか経っていない。三池炭坑、私は見たい。


名鉄観光の激安ツアーは、スカイマークのフライトと現地のビジネスホテルを組み合わ…

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 03:27 | TrackBack(0) | 国内旅行

プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード