Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

★重要なお知らせ★

このブログは引っ越をしました。
このページは2016年7月より更新を停止しています。 新しいアドレスは、http://japantg.com/wp です。


旧ブログを含む過去の全ての記事も、
新しいアドレス http://japantg.com/wp に移動しています。

ぜひ、新しいアドレスにお越しください。
こちらよりかなり見やすく、お探しの記事も検索しやすくなっています。


550.gif

2010年02月01日

マイル・マイレッジを購入するメリットとデメリット2・1年前に存在した、超お得航空券


前回に引き続き、航空会社のマイレッジを購入するメリットとデメリットについて考えてみる。


私がメインとしてマイルを集めている航空会社はアメリカ系だ。
特にユナイテッド航空のマイレッジプラスとノースウェスト航空のワールドパークスにはお世話になった。

昔のマイレッジは使い出があった。

2万マイルでの東南アジア往復は今に比べればあっけないほど簡単に予約が入ったし、ワールドパークスに至っては片道1万マイルで東南アジアの都市まで乗せてくれた。我が家では日本発に比べてきわめて安いアジアのいろいろな街で東京往復、あるいは東京経由他国行きの航空券を購入したが、その街まで片道で行くのに重宝したものだ。

マイレッジサービスの認知度が上がると同時に、だんだん繁忙期の予約が入りにくくなっていたが、それでも早めに予約を入れる価値がある魅力的なルートも少なくなかったのだ。


例えば下のキャプチャを見て欲しい。

これは東京・成田から「太平洋の真珠」と呼ばれるマーシャル共和国の首都マジュロまでの、特典航空券予約画面だ。

201002nrtmaj.gif


見えにくい部分もあるが、これは2008年10月、つまり今からわずか1年少し前の状況だ。

まず成田を夜8時25分に出発するコンチネンタル航空でグアムに飛ぶ。そして翌朝8時20分初のやはりコンチネンタル航空でマーシャル共和国のマジュロに飛ぶ。

このCO956便が朝8時20分発/夜7時8分着と19時間もかかるのは、この便が"アイランドホッパー"と呼ばれるきわめて特殊な便だからだ。


コンチネンタル航空のアイランドホッパーは、アメリカの自治領であるグァムから同じくアメリカのホノルルまで、グアム − チューク島(トラック諸島)− ポンペイ島− コスラエ島 − クワジャリン島 − マジュロ島 − ホノルルというルートで飛ぶ。アメリカを出発してミクロネシア連邦、マーシャル共和国を経由してアメリカに到着するという、ちょっと珍しい路線だ。だいたいマーシャル共和国自体が、太平洋のど真ん中にある小さな島…


-----------

more.png この記事の全文を読む 

posted by 転々 at 08:54 | その他いろいろ

プライオリティ・パスに無料登録可能!楽天プレミアムカード